取引先へ結婚祝いを贈る場合の注意点

取引先への結婚祝いの注意点

取引先で知り合った人が結婚をするというお知らせを聞いた時には、まず会社に連絡の上でどのように御祝の品物を送るかということを考えていきます。

営業として外回りをしている人などは、取引先とかなり親密な付き合いをしていることも多いので、つい友人感覚で贈答品を決めてしまいがちです。
しかしいくら個人的に親しい付き合いをしていても、会社の異なる間柄である以上は、会社同士の付き合いとして扱うべきです。

もし報告を怠ってしまった場合、会社同士での贈答があったことが社内で情報共有できなくなってしまいますので、後に混乱を招いてしまうことにもなります。
個人的に贈答をしてもよいかどうかについてはまずは先輩や直属の上司に相談をし、その上で会社として送るかそれとも個人レベルで行うかを決めて行うようにしましょう。

会社として贈答をするという場合になると金額の相場も変化してきますので、会社同士の力関係や過去の取引状況からどのくらいが適当かを考えていきます。

祝い品の相場

会社を通さずあくまでも個人として行う結婚祝いの場合、結婚式に参加をしないのであれば、だいたい1万円前後が適当です。

挙式披露宴に参加するということになれば、友人関係での相場同様に3万円程度を包むようにします。

気をつけたいのが式に参加する時に上司や他の会社の人も同席するという場合です。
個人的に御祝をしたいからといって多めに包んでしまい、それが上司や先輩よりも高い金額になっていると、あとあとのトラブルになってきてしまいます。

また会社を通じた知り合いということになると内祝いなどでお返しをしなければならないことにもなるので、そうした手間も考えて金額を決定していく方がよいでしょう。

ご祝儀や贈答品を送る時、会社連名で送るようにするとお返しをするときの手間が軽減されます。

会社関連の知り合いが多い人への贈答品の場合、品物の選び方によっては他の人とかぶってしまうというようなこともあるものです。
特に結婚祝いの定番品となっているような食器やインテリアなどは、複数の人からもらうとなかなか処置に困ってしまいます。

もしどういった品物を送ればよいか迷っているようなら、高級食材やお菓子などの消えるもので選ぶとよいかもしれません。
最近では珍しいカタログギフトも登場しており、金額に応じて旅行やイベントへの参加など、2人で使用することができるプレゼントもあります。

送るタイミングとしては挙式当日の1~2ヶ月前くらいが通常で、挙式後に送る場合は1週間以内に届くようにしましょう。
披露宴に参加する場合であっても大きな贈り物は式場に持っていくと持ち帰りに苦労するので、目録のみを渡して現物は配送してもらうようにしてください。

オフィス移転での贈答品のポイント

贈ってはいけないケース

会社やお店を運営している知人や取引先がその場所を移転するというのは、決して珍しいことではありません。
そうしたお知らせを受け取った時には、基本的には移転の御祝として金品もしくは贈答品を送るようにするのが通例ですが、中にはそうした対応はしない方がよいこともあります。

一般的にオフィスや店舗が移転をするというのは、業務拡大や新装オープンなど前向きな理由で行うものです。
しかし企業活動をしていく時には必ず順調に行くことが保障されているわけではないので、中には思うように事業展開ができずに廃業や一部業務停止を判断せざるを得ないこともあります。

移転に伴うお知らせにはどういった理由で行うかということにも触れられているはずです。
仮に直接説明がなくても場所や規模、また詳しい説明がないこと自体が会社によって喜ばしい理由での移転でないことを示しますので、そうしたときには御祝をするのは避けた方がよいでしょう。

また、もし業務拡大や新規事業展開のためのオフィス移転であっても、贈答品を受け取ることをあらかじめ断っている場合もあります。
そうした時には相手方の気持ちを優先して、無理に贈答品などを送ることはやめておくようにしてください。

贈るタイミング、相場

オフィス移転に伴う御祝の品物を送る時には、相手方の事情を考えた上で適切なタイミングで行うようにしましょう。
適切な時期とされるのは実際にオフィス移転があってから2週間以内で、遅くとも移転後1ヶ月の間には品物が届くようにしましょう。

特にお店の移転の場合は、移転当日に合わせて送ることで周囲への告知にもなるので、とてもありがたい方法となります。

ただし移転のための引っ越し当日や前日などに大きな贈答品を送ってしまうと、かえって大変なことにもなりますので、引っ越しはいつ行うかなどを確認してからにしましょう。
先に贈答品があることを想定している企業の場合には、お披露目式などを設けて、その日に受け取るようにしていたりします。

贈答品の相場や品物の種類としては、相手方との関係にもよりますが大体3~5万円くらいが適当です。
取引先といってもそれほど親しいわけではないという場合には、1~2万円程度のものでも十分でしょう。

直接お金を包んで渡すこともよいのですが、現金の取引になると会社関係では処理に困ることもありますので、そのあたりは考えて送りましょう。
品物は花や観葉植物などが無難ですが、その他にもオフィスで使用することができる実用品やカタログギフトなども近年では多く送られています。

気をつけたいのが「赤字」を連想させる赤色のものや、火事を連想するライターなどの火気類は送らないようにするということです。

卒業祝いと入学祝いはどちらも贈るのか

卒業祝いと入学祝いはどちらも贈るかどうか

親類や知人の子供が新たに学校に入学することになったときには、その門出を祝うということで贈り物を送ります。
そこでちょっと悩んでしまうのが、卒業時と入学時、どちらのタイミングで送る方が適切かということです。

自分の直接の肉親などなら、その都度お祝いをしてもよいのでしょう。
ですが例えば同僚や上司、または同年代の友人同士といったような間柄の場合、卒業と入学という両方を同じようにお祝いするのはちょっと大げさすぎるようにも感じてしまいます。

受け取る側にとっても時間的に近い卒業祝いと入学祝いを別々にもらうということは、その度にお返しをしなければいけないので、かえって煩わしい手間をかけさせてしまうかもしれません。

まず結論から言うと、卒業祝いと入学祝いのどちらを優先すべきかということで言うと、それは「入学祝い」の方です。
というのも、それまでの環境を一旦終了する卒業時よりも、これから新しい環境をスタートさせる入学時の方がはるかに手間や出費が多くかかるからです。

同じ品物を送るにしても、「卒業祝い」としてよりも「入学祝い」として渡した方が、受け取る側にとっても「これからの生活を応援してもらっている」ということになります。
どちらかというと卒業祝いは、それまでの環境を支え合ってきた身内同士で「これまで頑張ってきたね」という意味合いで行うものなので、それほど近い間柄でない人はあまり深く介入しなくてもよいと言えるでしょう。

相場、贈るタイミング

卒業祝いを送る場合、最も重要なのはタイミングです。
というのも、中学校や高校への進学を控えている子供は卒業式から入学式まであまり日数がありませんので、タイミングを逃すと次の学校へ進学を終えてしまっています。

一方で入学祝いは比較的時間に余裕があり、4月~5月くらいまでに送ることができれば大丈夫です。
ただしあまりにも長くなるとお祝いという雰囲気が薄れてしまいますので、できれば入学式前後の1週間くらいのうちに渡せるようにしてあげたいところです。

入学祝い、卒業祝いのいずれも近い親族(祖父母、伯父伯母など)の場合は1万円程度が相場となっています。
それよりも遠い親類や知人、同僚の子供などといった関係の場合は5千円前後の品物が適切でしょう。
ただ、金額については地域性やその人との直接の関係もありますので、それぞれのローカルルールを重視して決めておくようにした方がよいでしょう。

相手が欲しい品物を送るのが難しいという場合は、お金を直接包んで渡してもかまいません。
その場合は蝶結びののし袋を用意し、「御祝」「ご入学祝」などといった文言で自分の名前を添えて渡すようにします。