Articles By SLgif7uK

お歳暮、お年賀、寒中見舞いの違い

各種の意味、違い

日本の風習として、季節や年度の変わり目にちょっとした贈り物を送るということがあります。
中でも代表的なのが「お歳暮」「お年賀」「寒中見舞い」で、いずれも年末年始の時期に送るものとして位置づけられています。

この3つは送る時期がほとんど同じくらいであることから、別々に送るべきか、それともまとめて送ってもよいのかとちょっと迷ってしまうでしょう。

まずこの3つの違いから説明をしていくと、お歳暮は年明け前の年末の時期に送るものとされています。

具体的には11月末から12月20日くらいまでの間に送るよいうもので、年が明けてしまったら「お歳暮」として送るのはやめておいた方がよいでしょう。
意味合いとしてはお世話になった一年のお礼というふうになっているので、年明けになってしまっては全く意味が異なってしまうことになります。

反対にお年賀は年明けをしてから、新しい一年もよろしくお願いしますという意味で送るものとなっています。

送る時期は「松の内」とされる門松を飾っておく期間までです。
この「松の内」は地域により期日に違いがあり、1月7日までとしているところもあれば1月15日までが含まれるというところがあります。

こちらも松の内を過ぎてしまうと贈答品としての意味が変わってしまいますので、必ず期日内に送るようにしましょう。

3つの中で最も基準が緩やかなのが寒中見舞いです。
寒中見舞いはその季節の寒さを気遣う意味で行う贈答品なので、あまり厳密に時期が決められているわけではありません。

一般的には1月頃~2月4日頃(立春)までとされており、贈答品としてだけでなくはがきなどの挨拶状として送ることもあります。
お歳暮やお年賀として送る予定だった品物が時期を失してしまった場合に「寒中見舞い」と名称を付け替えて送ることも可能です。

それぞれの御祝をするときの注意点

上記で説明したように、それぞれの贈答にはきちんと意味がありますので、もし送る予定であった品物が時期を過ぎてしまったら、必ず名称をつけかえるようにしましょう。
ただしお歳暮、お年賀、寒中見舞いのいずれも贈答品につける熨斗は紅白の蝶結びで共通していますので、表題となる部分の書き換えをすれば特に問題はありません。

品物そのものがお歳暮、お年賀、寒中見舞いで区別されることはありませんので、お歳暮用に買った贈答品を再び買い換えるということはしなくても良いでしょう。

年賀を送る時期内であっても、先方に一年以内の不幸があり喪中という場合には「年賀」という名称を用いないようにします。
その場合は「寒中見舞い」という名称にして同じ品物を送れば、特に不義理というふうに思われることはありません。

お年賀タオルを贈る理由と渡し方

お年賀タオルとは

年明けに新年の挨拶として訪れる時には、何か小さなものでも持っていくのが定番です。
お歳暮で金額の高いものを送った人に対しても、ちょっとした年賀挨拶の品物を持って行くようにすることで、相手からの印象を良くすることができます。

お年賀の挨拶向けの品物として広く知られているのが「お年賀タオル」で、引っ越しをする時同様に挨拶と同時に渡すようにしましょう。

もともとお年賀タオルの由来は江戸時代にさかのぼり、歌舞伎役者や力士、落語家などが自分の名前を知ってもらうために、名前や紋が入った手ぬぐいをご贔屓さんに配って歩いたということに始まっています。
これがじきに庶民の間にも広がってゆき、主に関東圏内の企業同士の挨拶に同じようにタオルを配る風習として残っているようです。

引っ越し同様、タオルを送るという意味は「気持ちを新たに生活をしていきましょう」ということになりますので、新年を迎えた節目の贈り物としてはぴったりということになります。

それほど親しい間柄ではないという相手に対しても、お返しを意識せずに気軽に送ることができるタオルはとても便利です。
企業名の入ったタオルを相手に使ってもらうことにより、日常生活の中で自然に自分たちの存在を意識してもらえることから、メリットが大きいと言うこともできるでしょう。

贈る理由、渡し方のポイント・注意点

お年賀タオルは年始限定の会社の名刺のようなものなので、ぜひ積極的にお得意先に配るようにしていきたいところです。
贈答用のタオルとして専門に販売している名入れ業者もあり、注文をすることで熨斗がついた状態で袋詰めをされたものが納品されてきます。

企業として送る場合はお年賀のご挨拶をする時に持参してゆき、できれば1月15日までに全て送り終わるようにしていきます。
通常の企業は年始は1月4日以降から始まるようになっていますので、7日までには配り終えるようにしておきたいところですね。

専門業者を通じてお年賀タオルを入手するなら特に気にすることはありませんが、個人的にタオルを用意するという場合には熨斗は水引き5本もしくは7本の、蝶々結びをしているものを選ぶようにしましょう。

通常お年賀タオルは生地の薄い手ぬぐいのようなものが使用されていますが、近年では国産タオルに注目がされていることもあり、高級タオルを送るところもあるようです。
人気が高いのが今治タオルで、海外製のタオルとは全く違った高級感を得ることができます。

個人的なお年賀として行う場合には、名入れをせずに通常のタオルに熨斗をつけた状態で渡せば特に問題はないでしょう。
箱入りのタオルギフトもありますので、相手との関係性で価格などを選んでみてください。

取引先へ結婚祝いを贈る場合の注意点

取引先への結婚祝いの注意点

取引先で知り合った人が結婚をするというお知らせを聞いた時には、まず会社に連絡の上でどのように御祝の品物を送るかということを考えていきます。

営業として外回りをしている人などは、取引先とかなり親密な付き合いをしていることも多いので、つい友人感覚で贈答品を決めてしまいがちです。
しかしいくら個人的に親しい付き合いをしていても、会社の異なる間柄である以上は、会社同士の付き合いとして扱うべきです。

もし報告を怠ってしまった場合、会社同士での贈答があったことが社内で情報共有できなくなってしまいますので、後に混乱を招いてしまうことにもなります。
個人的に贈答をしてもよいかどうかについてはまずは先輩や直属の上司に相談をし、その上で会社として送るかそれとも個人レベルで行うかを決めて行うようにしましょう。

会社として贈答をするという場合になると金額の相場も変化してきますので、会社同士の力関係や過去の取引状況からどのくらいが適当かを考えていきます。

祝い品の相場

会社を通さずあくまでも個人として行う結婚祝いの場合、結婚式に参加をしないのであれば、だいたい1万円前後が適当です。

挙式披露宴に参加するということになれば、友人関係での相場同様に3万円程度を包むようにします。

気をつけたいのが式に参加する時に上司や他の会社の人も同席するという場合です。
個人的に御祝をしたいからといって多めに包んでしまい、それが上司や先輩よりも高い金額になっていると、あとあとのトラブルになってきてしまいます。

また会社を通じた知り合いということになると内祝いなどでお返しをしなければならないことにもなるので、そうした手間も考えて金額を決定していく方がよいでしょう。

ご祝儀や贈答品を送る時、会社連名で送るようにするとお返しをするときの手間が軽減されます。

会社関連の知り合いが多い人への贈答品の場合、品物の選び方によっては他の人とかぶってしまうというようなこともあるものです。
特に結婚祝いの定番品となっているような食器やインテリアなどは、複数の人からもらうとなかなか処置に困ってしまいます。

もしどういった品物を送ればよいか迷っているようなら、高級食材やお菓子などの消えるもので選ぶとよいかもしれません。
最近では珍しいカタログギフトも登場しており、金額に応じて旅行やイベントへの参加など、2人で使用することができるプレゼントもあります。

送るタイミングとしては挙式当日の1~2ヶ月前くらいが通常で、挙式後に送る場合は1週間以内に届くようにしましょう。
披露宴に参加する場合であっても大きな贈り物は式場に持っていくと持ち帰りに苦労するので、目録のみを渡して現物は配送してもらうようにしてください。