Articles By SLgif7uK

菓子折りの本来の意味と贈る際のマナー

菓子折りとは

御祝のご挨拶や謝罪、依頼をする時などには、菓子折りを一つ持って行くというのが礼儀とされています。
新入社員が「菓子折り」の意味がわからず買い物に行かせたら駄菓子を詰め合わせで買ってきたなんていう笑い話がありますが、本来菓子折りというのはきちんと箱詰めにされたお菓子のことを言います。

一般的にお菓子が入れられている箱は「折り箱」と言われ、もともとは薄く削った木を折り曲げて作るものでした。
現在でも当時の折り箱と同じように、木製で作られている箱が寿司折などに使われていますが、一般的にお菓子が入っている箱は紙製が主流です。

木製もしくは紙製の折り箱に入っているものを「菓子折り」と言い、千円~5千円くらいの価格で全国のお菓子屋さんで販売されています。

現在では箱に入っていない高級スイーツや有名店の屋台スナックなどもありますが、ご挨拶として伺うときにはそうしたものは不適当です。
これはかつて折り箱に入っていたお菓子類は高級菓子であったということが関係しており、箱詰めにされていることにより菓子としての格式を高めているということに由来しています。

先方が甘いものが苦手であるというなど特別な事情があるときは別ですが、基本的には他の食品ではなくお菓子を使用するのが一般的です。

菓子折りのマナー、相場

菓子折りを選ぶ時には、流行や人気よりも利便性を重視しておくほうがよいとされています。
具体的には、クリームや青果を使った生物ではなく、焼き菓子など日持ちをするものの方が適しているでしょう。

そもそも菓子折りはそれを渡すということ自体が目的ではなく、話し合いをする時に相手にちょっとした心付けを渡すことにより、円滑に話を進められるようにするということが目的になっています。
ですので、できればその地域で一般的に知られている個別包装されているお菓子などを選ぶ方がよいとされています。

ただし取引先や謝罪先など話し合いにちょっと苦戦することが予想される場合には、ちょっと気の利いた菓子折りを持って行くことにより、相手の心理面によいインパクトを与えることができるのです。

特定の地域の名産品であったり、ちょっと手に入りにくい珍しいグルメ菓子などを持って行くことにより、最初に相手からの心象を良くしてその後の話し合いをよい方向に持って行くことができます。
金額的には2千円~3千円くらいが相場となっていますので、購入をするときに必要に応じてお店の人に熨斗などをつけてもらうとよいでしょう。

ただし謝罪目的で訪問する場合には、熨斗は何もつけずに包装のみにしておいた方がよいとされています。
派手なリボンや包装紙は使用せずに、重みのあるお菓子を選ぶようにするのがコツです。

陣中見舞いの相場やマナーについて

陣中見舞いとは

何か目標を持って努力をしている人に対して、それを応援したりねぎらったりする意味で送るのが陣中見舞です。

陣中見舞の代表的なものとして、選挙期間中の立候補者に対してや、受験勉強中の学生に対してといったものがあります。
その他にも演劇やライブ、展示会などをこれから開催するために準備や練習をしている人たちに対して送るようなこともあり、人間関係を円滑にする一つの方法と言えるでしょう。

「陣中見舞い」という言葉そのものは、昔の戦場に食料を届けたり頑張るようにと、応援をするために訪問したりということからきています。

お歳暮やお中元のように必ずそれをしなければいけないというわけではありませんが、当事者ではなく外部から見守る立場の人間として、それに少しでも力を貸したいという気持ちを示すことができます。

陣中見舞いの品物として最も一般的なのは食べ物です。
頑張っている人に対して力をつけてもらい、目標達成まで気合を入れてもらいたいという意味を伝えるためにも、ちょっと美味しい食べ物というのはぴったりであると言えます。

特に現場仕事を大勢でやっているようなところへの贈答品の場合には、カステラやホールケーキのように切ったり食器を出したりしないといけないようなものではなく、手軽に食べられる個別包装のものの方が適しています。

またすぐにその場で食べることができないということもありますので、お菓子を送るにしても焼き菓子などの日持ちしやすいものを選んだ方がよいでしょう。

陣中見舞いをするときの相場、マナー

陣中見舞いの品物の相場ですが、その場所の人数によっても異なってきます。
受験勉強など相手が一人しかいないという場合であれば、5千円程度の品物を持っていけば十分ではないかと思います。

大勢でなにかの準備をしているという時にはきちんと数を確認して、できるだけ主要なスタッフには全員に配布できるようにしてあげる配慮が必要になります。
スポーツなど競技関係の場合は、買った場合の御祝を兼ねてお酒やおつまみなどを送るのもよい方法です。

特定の日のお弁当を仕出しするというのも陣中見舞いの方法としてはよくありますので、その場合はサプライズを狙うのではなく、きちんと事前に予定を確認しておくようにしましょう。

配布する人数がはっきり分からなかったりする場合には、花などを送る方法もあります。
特に選挙事務所などでは、コチョウランなどの高価な花を送ってあげると場も華やかになって盛り上がりますのでおすすめです。

現金を送る場合には祝儀袋を用意して「酒肴料」や「御菓子料」といった名目をつけて金額を包むようにします。
複数の人から陣中見舞を受け取る場合には記帳を求められることもありますので、連名もしくは個人名をきちんと残しておきましょう。

お歳暮、お年賀、寒中見舞いの違い

各種の意味、違い

日本の風習として、季節や年度の変わり目にちょっとした贈り物を送るということがあります。
中でも代表的なのが「お歳暮」「お年賀」「寒中見舞い」で、いずれも年末年始の時期に送るものとして位置づけられています。

この3つは送る時期がほとんど同じくらいであることから、別々に送るべきか、それともまとめて送ってもよいのかとちょっと迷ってしまうでしょう。

まずこの3つの違いから説明をしていくと、お歳暮は年明け前の年末の時期に送るものとされています。

具体的には11月末から12月20日くらいまでの間に送るよいうもので、年が明けてしまったら「お歳暮」として送るのはやめておいた方がよいでしょう。
意味合いとしてはお世話になった一年のお礼というふうになっているので、年明けになってしまっては全く意味が異なってしまうことになります。

反対にお年賀は年明けをしてから、新しい一年もよろしくお願いしますという意味で送るものとなっています。

送る時期は「松の内」とされる門松を飾っておく期間までです。
この「松の内」は地域により期日に違いがあり、1月7日までとしているところもあれば1月15日までが含まれるというところがあります。

こちらも松の内を過ぎてしまうと贈答品としての意味が変わってしまいますので、必ず期日内に送るようにしましょう。

3つの中で最も基準が緩やかなのが寒中見舞いです。
寒中見舞いはその季節の寒さを気遣う意味で行う贈答品なので、あまり厳密に時期が決められているわけではありません。

一般的には1月頃~2月4日頃(立春)までとされており、贈答品としてだけでなくはがきなどの挨拶状として送ることもあります。
お歳暮やお年賀として送る予定だった品物が時期を失してしまった場合に「寒中見舞い」と名称を付け替えて送ることも可能です。

それぞれの御祝をするときの注意点

上記で説明したように、それぞれの贈答にはきちんと意味がありますので、もし送る予定であった品物が時期を過ぎてしまったら、必ず名称をつけかえるようにしましょう。
ただしお歳暮、お年賀、寒中見舞いのいずれも贈答品につける熨斗は紅白の蝶結びで共通していますので、表題となる部分の書き換えをすれば特に問題はありません。

品物そのものがお歳暮、お年賀、寒中見舞いで区別されることはありませんので、お歳暮用に買った贈答品を再び買い換えるということはしなくても良いでしょう。

年賀を送る時期内であっても、先方に一年以内の不幸があり喪中という場合には「年賀」という名称を用いないようにします。
その場合は「寒中見舞い」という名称にして同じ品物を送れば、特に不義理というふうに思われることはありません。