Articles By SLgif7uK

バレンタインデーの由来について

バレンタインの由来をご存知ですか

バレンタインは2月の大きなイベントとして毎年盛り上がっています。
最近では女性から大切な男性に贈るだけでなく、自分へのご褒美としてチョコを購入したり、友達にもチョコをあげる方も増えており、ますますバレンタインは多様化しています。

バレンタインは元々の由来があります。
その歴史はとても古く、なんと3世紀まで遡ります。
ここではバレンタインデーの由来についてご紹介したいと思います。
由来を知ることで、あなたもさらにバレンタインデーを楽しむことができますよ。

バレンタインデーの由来を解説

バレンタインデーの由来は3世紀まで遡りますが、場所はローマです。
ローマではこの時代は男女の結婚が禁止されていました。
なぜ禁止されていたかというと、戦争があったためです。
戦争が始まる前に結婚していると戦争に行くのが嫌で逃げ出す男性が多くいました。
そのため、結婚を禁止にすることで戦争に集中させていたのです。

ここで登場したのがキリスト教です。
戦争のために禁止されていたとは言え、やはり若い男女は結婚したくなるカップルも出てきます。
こうした様子を見たキリスト教徒のバレンタインは、法律を破ってカップルの結婚式を密かに執り行っていました。
これが皇帝に見つかってしまい、バレンタインは処刑されてしまったのです。
そして、その処刑された日が現在のバレンタインデーとなっている2月14日なのです。

そこから時間が流れて200年が経ちます。
時代は変わり、この頃のローマでは2月14日に現在の日本でもあるような出会いのイベントが行われていました。
くじ引きで男女のカップルを成立させるというものでしたが、世の中が乱れることに不安を感じたキリスト教は、このイベントを廃止することを決めます。
そして代わりに、かつてカップルの結婚のために活躍したバレンタインを祭る日として決めるようになりました。

そして、恋人たちは2月14日にプレゼントをし合うようになりました。
このスタイルが現在のバレンタインデーの起源となっています。
ローマで始まったバレンタインデーですが、徐々に多くの方に広まるようになり、それは世界各国にも広まるようになりました。

日本に入ってきたのはずっと後で、1970年代まで時間が経ちます。
1950年代頃からお菓子を作っている会社が登場しており、よりお菓子を普及させるためにバレンタインデーに注目しました。
そして、日本でも広まるようになったのです。

バレンタインデーを楽しもう

このようにバレンタインデーは実は深い由来があるのです。
こうした由来も知ってからバレンタインデーを迎えてみると、また違った気持ちが湧いてくるはずです。
ぜひ今後のバレンタインデーも、楽しく過ごしてくださいね。

お年玉は何歳からいくらあげたら良いのか

お年玉を何歳からあげるのか

新年になるとやってくるもの、それは新しい年だけではありません。
子供にあげるお年玉もやってきます。
子供の頃はもらってとても嬉しいものでしたが、大人になると今度はあげる側になります。
お年玉をあげるタイミングが近づいてくると、一体何歳からあげれば良いのだろうと迷う方もいるかもしれません。

今回はお年玉を何歳からあげれば良いのか、また、金額はいくらくらいにすれば良いのかをご紹介します。
これであなたもお年玉をしっかりあげられるようになりますよ。

お年玉をあげる年齢と金額について

お年玉をあげる年齢ですが、小学校への入学をあげるタイミングにしている家庭は多いです。
小学生になると子供もひとつ階段を上ったようなイメージがあり、節目として最適と考える方が多いです。
また、兄弟の場合は上の子が小学校に入学したタイミングであげると良いでしょう。

上の子は不公平と感じることがあるかもしれませんが、お兄さんやお姉さんなのだからそこは多めに見てあげてねと伝えれば納得してくれることも多いはずです。
また、家庭によっては幼稚園の頃からお年玉をあげる家庭もあります。
ここはそれぞれの判断で決めて良く、お年玉は何歳からという決まりはありません。
あなたの中で幼稚園からあげた方が良いと思えば、そのタイミングからあげるのもおすすめです。

また、あげる金額ですが、幼稚園の頃は500円ほどのワンコインにしておく家庭は多いです。
そこから年齢が上がるに連れて徐々に金額を大きくして、小学校の低学年では1,000円から3,000円ほど、高学年で3,000円から5,000円ほどの額をあげる家庭が多いです。
さらに学年が進み、中学生になると5,000円前後、中学3年生や高校生になると1万円の金額をあげる家庭も多いです。

やはり中学生や高校生になるとほしいものも増えてきます。
そのためお年玉でもらったお金で買い物をしたいという子も増えます。
使いすぎは良くないため、貯金もしっかりしつつ遊びにも使える金額ということで、上記のような額をあげる家庭が多くなっています。

また、金額を急に上げすぎないことも大切です。
一度あげてしまうと金額が変わらなかったり下がった時に、子供が不安を持ちやすくなります。
そのため、徐々にあげていくようにすると、子供の満足度を保ったまま、あなたの懐も大きなダメージを受けずに済みます。

お年玉のポイントを押さえて、良い新年を

以上、お年玉のポイントをご紹介しました。
あげる年齢と金額についてチェックしておけば、お年玉をしっかりとあげることができるはずです。
ぜひ今回のポイントを押さえて良い新年を迎えてほしいと思います。

お返しに添える手紙の書き方

プレゼントのお返しの手紙を書こう

誰かからプレゼントをもらった時にはお礼の手紙を書くと好印象です。
お礼の手紙はもらうとプレゼントした方もとても嬉しくなり、お互いに良い形でプレゼントを終えることができます。

ですが、お返しの手紙には書き方もあります。
ここでは書き方のコツやポイントについてご紹介します。
きちんとポイントを押さえた書き方をするとより効果的に相手の方に感謝の気持ちを伝えることができるので、ぜひチェックしてみてほしいと思います。

プレゼントのお返しの手紙の書き方のポイント

プレゼントの書き方のポイントも最も大切なことは、あなたの普段使い慣れている言葉を使って書くということです。
かしこまって固いフレーズで書き連ねる方もいますが、これでは感謝の気持ちが逆に伝わりにくくなってしまいます。
それよりも変にかしこまることなく、あなたの気持ちを素直に書いたメッセージの方が、相手の方にもしっかりと響きます。

テクニックというよりも心の持ち方のような話ですが、基本であり最も大切なことなのです。
逆に感謝の気持ちとプレゼントをしてくれた人との日常を思い浮かべて手紙を書くだけでも、十分良い内容に仕上げることができます。

書き方としては、いつもお世話になっております、のような定番のフレーズから始まり、あなたの感謝の気持ちを伝える文章を続けていくとスムーズに書いていくことができます。
また、より近い距離感の友人などには、丁寧語でなくても良いかもしれません。
ありがとう、や、~してくれてありがとうのような形で書いても、それほど失礼に当たることはありません。

また、お礼の手紙が遅れてしまった時は最初にひとこと書いておくと良いでしょう。
もっと早くお礼ができれば良かったのですが、というひとことを添えておくだけでも丁寧な印象が伝わります。
逆にお礼を送らないことが最も良くないと言えます。

やはり感謝の気持ちを伝える手紙はいつもらっても嬉しいものです。
遅れて気まずいから手紙を出すのをやめておくよりも、少し遅れても良いので出すようにすることをおすすめします。

また、光栄です、いつも感謝しています、というフレーズも効果的です。
これらは定番のフレーズではありますが、やはり多くの方に好印象を持ってもらいやすいフレーズです。
上手く手紙の中に取り入れていくことであなたの手紙の内容もよりアップさせることができるので、ぜひ活用をおすすめします。
いつも感謝しています、は手紙の最後の方で書くようにすると良いでしょう。

色々な場面の手紙に使える

このようにお礼の手紙の書き方にはポイントがあります。
こうしたポイントを押さえて手紙を書いて、相手の方に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。