お返しに添える手紙の書き方

プレゼントのお返しの手紙を書こう

誰かからプレゼントをもらった時にはお礼の手紙を書くと好印象です。
お礼の手紙はもらうとプレゼントした方もとても嬉しくなり、お互いに良い形でプレゼントを終えることができます。

ですが、お返しの手紙には書き方もあります。
ここでは書き方のコツやポイントについてご紹介します。
きちんとポイントを押さえた書き方をするとより効果的に相手の方に感謝の気持ちを伝えることができるので、ぜひチェックしてみてほしいと思います。

プレゼントのお返しの手紙の書き方のポイント

プレゼントの書き方のポイントも最も大切なことは、あなたの普段使い慣れている言葉を使って書くということです。
かしこまって固いフレーズで書き連ねる方もいますが、これでは感謝の気持ちが逆に伝わりにくくなってしまいます。
それよりも変にかしこまることなく、あなたの気持ちを素直に書いたメッセージの方が、相手の方にもしっかりと響きます。

テクニックというよりも心の持ち方のような話ですが、基本であり最も大切なことなのです。
逆に感謝の気持ちとプレゼントをしてくれた人との日常を思い浮かべて手紙を書くだけでも、十分良い内容に仕上げることができます。

書き方としては、いつもお世話になっております、のような定番のフレーズから始まり、あなたの感謝の気持ちを伝える文章を続けていくとスムーズに書いていくことができます。
また、より近い距離感の友人などには、丁寧語でなくても良いかもしれません。
ありがとう、や、~してくれてありがとうのような形で書いても、それほど失礼に当たることはありません。

また、お礼の手紙が遅れてしまった時は最初にひとこと書いておくと良いでしょう。
もっと早くお礼ができれば良かったのですが、というひとことを添えておくだけでも丁寧な印象が伝わります。
逆にお礼を送らないことが最も良くないと言えます。

やはり感謝の気持ちを伝える手紙はいつもらっても嬉しいものです。
遅れて気まずいから手紙を出すのをやめておくよりも、少し遅れても良いので出すようにすることをおすすめします。

また、光栄です、いつも感謝しています、というフレーズも効果的です。
これらは定番のフレーズではありますが、やはり多くの方に好印象を持ってもらいやすいフレーズです。
上手く手紙の中に取り入れていくことであなたの手紙の内容もよりアップさせることができるので、ぜひ活用をおすすめします。
いつも感謝しています、は手紙の最後の方で書くようにすると良いでしょう。

色々な場面の手紙に使える

このようにお礼の手紙の書き方にはポイントがあります。
こうしたポイントを押さえて手紙を書いて、相手の方に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。