大切な人に送りたい快気祝いを選ぶには?

快気祝い

人に何かをプレゼントする時には、どんなモノを贈ったら喜ばれるだろうかといろいろ考えてしまいますよね。
「お誕生日のお祝い」や、「進学祝い」、「卒業祝い」、「結婚祝い」、「出産祝い」、「敬老のお祝い」、「快気祝い」など、贈り物をしたり、逆に贈り物いただいたりする機会はたくさんあります。

先日のことですが、長期の入院生活から無事に退院したわたしの友だちから、
「快気祝い」をいただきました。
その友だちからいただいたのは、「お菓子」でした。
そのいただいたお菓子というのは、わたしが大好きな人気のスイーツショップのお菓子だったのです。

友だちは病気という大変な経験をしたにもかかわらず、
わたしの好みを考えて贈り物を選んでくれたのでした。
その友だちの相手をこと思う気遣いがとてもうれしかったですね。
基本的にこの快気祝いというのは、お見舞いに来てくれた方や、
ご心配をかけた方に感謝の気持ちを表すために送るものです。
また、元気になりましたという報告もかねています。

快気祝いとして贈るモノとしてふさわしいのは、
使うとなくなるものや、後に残らないものがいいとされています。
それはなぜかというと、「病気が残らないように」という意味が込められているからなのだそうですよ。
ですから、わたしが友人からいただいたように快気祝いには、
「お菓子」や、「ジュース」などの食べ物系などがよいそうですね。

わたしの祖母の時代には、手作りの「紅白餅」や「お赤飯」などを快気祝いとして贈っていたのだそうですよ。
手作りの食べ物を贈るというのはすてきな風習だと思いますね。
現代では、このようなお赤飯を贈る風習はあまり見られませんね。
デパートなどのお店で購入したものを贈る方のほうが多いと思います。

相手が喜ぶものを

雑貨を贈るのでしたら、「タオル・ハンカチ」や、「石鹸」や、「洗剤」などの日用品がいいみたいですよ。
一般的には快気祝いにはこのようなものがふさわしいとはされていますが、
大切な人に送りたい快気祝いでしたら、
相手の喜ぶものを選択するのが一番いいのかもしれませんね。

相手が欲しかったものなどが分かっている場合には、それを贈るもアリだと思います。
喜んでくれるのであれば、「使うとなくなるもの」、「後に残らないもの」といったことに、
あまりとらわれないでもよいのではないかとわたしは思いますね。
大切なのは、自分のことを心配してくれた方たちへの感謝の気持ちが使わることなのですから。

ちなみに近年では、「カタログギフト」が人気が高くなっているようです。
カタログギフトでしたら、好きなモノを相手に選んでもらうことができますね。

食べ物系や、雑貨系や、ファッション系などのいろいろなカタログギフトがありますから、
贈る相手の趣味に合わせてカタログギフトを選択してみるといいかもしれません。

また、どんなモノ贈ったら喜ばれるのか分からない場合にも、
このカタログギフトはおすすめだと思いますよ。

何を送ろう?

お見舞いには時間の潰せるものを

ふと疑問に思ったんですが、皆さんは退院祝いどうしてますか?
入院中のお見舞いはともかく、退院祝いをするといったら
友人や家族のときぐらいなんでしょうか?何をあげたらようかとまよっています。
どうしてそんな疑問がでたのかなんですが、数ヶ月前に身内が入院をしました。
軽い骨折だったのですが足だったために数週間かかりました。
入院をしている間は、仕事はもちろん売店の移動すらほとんどできません。

そんな状態を見て、暇つぶしに何か本でも持っていこうと思い本屋さんで
数十冊の漫画本と文庫を購入し、大き目の紙袋に入れてもって行きました。
すごく喜んでくれたのですが、私の考えが甘かったことがすぐに判明・・・
いつもあっという間に過ぎていく一日ですが、それは何かしらやっているからなんですよね・・・
仕事であったり、趣味や家事であったり・・・
私が持っていった数十冊の本たちは、2日で消費されてしまいました。

ああ・・・そうだよなぁ。
と思ったものです。

ほかにも何人かの方からお見舞いをもらっていましたが、入院している本人の職場の方が
くれた数千円のテレビカードがお見舞いとしては一番暇つぶしになったようです。
でも、どんな形であれお見舞いに来てくれることが何よりの喜びであるようなきがしました。
たくさんの方にお見舞い品を頂き、怪我もようやく回復のめどが立ったので、

退院祝いは自分の気持ちを伝えられるものに

ついに退院となったのですが、ここで最初に書いた退院祝いについての疑問が浮かびました。
会社には自分の不注意で穴をあけることになってしまったわけですから、
こちらから手持ちを持っていくか、もしくは状況に応じて丁寧にお詫びをするべきなのかな?

と思ったので除外ですが、そうなるとやはり退院祝いをするとしたら家族・友人ですよね?
そこでやはり退院祝いというのは友人や家族がするものなんだなと思ったのですが、
ここでなにをすればよいかと考えてしまいます。
退院して祝って元気付けてあげたいと思うのですが、
身内だけに体の状況が手に取るようにわかるので、よけいに物を選ぶのにこまります。
ケーキが大好きな人だけど、今は甘いものを控えなさいって言われている・・・
などのときみたいに・・・

男性女性でも選ぶものはかわってきますが、友人・家族などでもまた違ってくるのです。
大切な人に送りたい退院祝い選びは難しいですが、
元気を出してもらうためにもぜひ祝ってあげたいなと思います。

いまはいろんなギフトがあるので選ぶ作業もじつは楽しかったり、
自分でほしくなって買っちゃったりしますが、一番はやっぱり気持ちですよね?(^^;)
もし自分が退院祝いをしてもらえたなら、
何をもらってもその気持ちが一番うれしいと感じると思います・・・
はずです・・・

でも、もしよければリクエストを取っていただいてもいいかな?
あ、でもでもサプライズって大好きなんだよなぁ・・
・・・なんて、入院するようなことにはならないように気おつけたいですが、
よく選んで大切な人に喜んでもらえればそれ以上のことは無いですね♪

大切な人に送りたい退院祝いはどういうもの

お花と洋服

3c28c9a00b3220947da506504e88b5bf_s大切な人が入院してしまうのは、身うちだけでなく、知人、友人としてもつらいものだと思います。
退院してから、もとの生活に戻るまで時間がかかってしまうこともあるでしょう。
そんなときは、さりげなく、その人を元気づけるような退院祝いを渡してあげたいです。
私が病気をして入院した経験があるのですが、
退院したときに頂いてうれしかったものは、お花と洋服になります。
もともと植物が大好きだったので鉢植えのお花をもらったのですが、
ものすごくうれしかったです。

当時から10年の月日が流れましたがそのときにもらって
鉢植えの植物はいまでも元気にそだっているのです。
あの当時より、30センチも大きくなっています。
この鉢植えをみると、あの当時のことが思い出されたりするんですよね。
洋服も、とても素敵な洋服で早く治って着たいと思ったことがありました。
大切な人に送りたい退院祝いを考えた場合、まずその人の趣味を考えて、
好きなものを送ったり実用的なものを送ると喜ばれるのではないでしょうか?

たとえば、母が1カ月の入院を経て退院をしてきたのですが、
まだ大きなコルセットをしている状態でした。
そんな体ではいままでの洋服はぜったいに着れないとわかっていたので、
退院祝いに洋服をあげました。

それも地味な色のものではなくて、少し明るめの色を選んだのです。
デザインも、若々しいデザインのものにしたのですが、とても喜ばれたのです。
長い入院生活の中ではどうしても、暗くなりがちでしょう。
ですから、退院したら明るく元気になってほしいという願いを込めて
明るくてきれいな色のパンツなニットを渡したのです。

さらに、肩を負傷して重いものはなかなか持てないといっていたので、
軽くて手先を動かすようにと、毛糸を渡したのです。
ちょっとした編み物がしていけたらリハビリにもなるでしょう。
とくにお年寄りの場合、入院が長引くと、体が動きにくくなってしまうケースがあると聞きます。
人によっては、ボケてしまう人もいると聞きます。

そんなことがないように、なるべく退院してすぐに頭をつかったり手先を使う訓練などが
できたほうがいいと聞きましたので、それを実践したのです。
若いかたには、そういう心配もなく好きな物をあげればいいと思いますがお年寄りに
差し上げるものは、結構その後の生活を考えてものをあげたほうがいいと思います。

お守りなんかも喜ばれます

あとは、お守りとかもいいかもしれないです。
お守りってもらうとうれしくないですか?
私はうれしいです、その人がわざわざお参りにいってくれたという気持ちもうれしいですし、
最近は、パワースポットがかなり人気ですのでパワースポットで
購入したお守りなどをあげるのは結構喜ばれるのだと思います。

いろいろ送りたいものはありますが、その人のことをしっかり思い浮かべて
元気になってほしいという気持ちがこもっていたら、
頂いた人にその気持ちは自然とつたわっていくんじゃないでしょうか。