お見舞いや退院祝いのお勧めのギフト

生菓子よりも日持ちのする焼き菓子のほうがよい

私は、この春に長男を出産しました。
私は幸いなことにとても健康で、これまで病院に入院するという事もありませんでしたので、
今回の出産が初めての入院という事になりました。
予定日超過の為、誘発分娩を行っての出産でしたが、
母子ともに健康で、スピード安産で出産する事が出来ました。

出産して三日後から、両親や主人の両親、義祖母、そして友人がお見舞いに来てくれました。
それぞれ色々なお見舞いの品を頂いたのですが、
嬉しかったのものは日持ちのする焼き菓子でした。

逆に、困ってしまったのが、日持ちのしない生菓子でした。
私は母乳で育てたいと思ったので、生菓子ですと母乳が詰まってしまう可能性があるので、
出産で入院している人には贈らない方が良い、と言われています。
今回は、その日しか食べる事の出来ないシュークリームを六個も貰ってしまい、
困っていたのですが友人が子供を連れてお見舞いに来てくれたので、
全て子供たちのおやつに渡す事が出来ましたが、
もしもそれが無かったら捨ててしまっていたかもしれません。

逆に、焼き菓子ですと、お見舞いに来てくれた人のお茶受けに出す事が出来ますし、
退院してから、自宅に訪問する人へ出す事も出来ました。
何より、日持ちがするという所がとても嬉しかったです。

また、授乳をしているのと空調の為、とても喉が渇くのと、売店の無い病院だったので、
飲み物のペットボトルを貰うのも嬉しかったです。
気を遣ってノンカフェインの麦茶や、ミネラルウォーター、
スポーツドリンクのペットボトルを頂いて、とても嬉しかったです。
赤ちゃんを抱っこしながらすぐに水分補給が出来たのは、とてもありがたく感じました。

負担にならない贈り物を!

そして、退院してからの退院祝いは、私の体を気遣った贈り物を頂いたら嬉しかったです。
例えば、エステのチケットを貰ったのですが、
これは子供がもう少し大きくなったらありがたく使わせてもらおうと思います。
出産という事で、子供の洋服やベビー用品など、
これから使うであろう子供のものを沢山頂きました。
他にも商品券や現金なども頂きました。
それらも勿論とてもありがたいし嬉しかったのですが、
母親への退院祝いというのは中々無かったので、とても嬉しく感じました。

以上のことを踏まえて、私ももしも出産した友人や親せきの所にお見舞いに行く機会が
出来たとしたら、その人の負担にならず、さりげなく喜んでもらえる物を
お見舞いに贈りたいと思います。
勿論、その前に、出産後のお母さんの負担にならない様に、
お見舞いに行く日程や滞在時間などにも気を遣いたいと思います。

折角良いお見舞いのギフトを用意してお見舞いに行ったとしても、
そのお見舞い自体が負担になってしまったら、本末転倒ですし、とても申し訳ないからです。
特に、出産後は体がとても疲れているし、育児も始まって寝不足でもあります。
出産に限らず、お見舞いをする相手の気持ちを考えてあげる事も、
大切なお見舞いのギフトだと私は思います。