入院のお見舞いにおススメな品物

知り合いの人が入院していることを知ったら、病院にお見舞いに行きたいものです。
しかし、病院にお見舞いに行くのに、手ぶらでいくというのも、なんだかばつが悪いです。
そこで今回は、お見舞いに持っていくといい品物について紹介したいと思います。

カード類

まずは、カード類です。
これはどういうことかと言いますと、日常できることというのが、
入院中はなかなかできないものです。

テレビを見たり、電話をかけたりというのも、それらの一つです。
普段でしたら、見たいときに好きなだけ見ることができるテレビ、
かけたいときにいつでもかけられる携帯電話やスマートフォンが、
現代生活では当たり前になっています。
しかし、入院中は、多くの病院で携帯電話やスマートフォンの利用は、厳しく制限されています。
また、テレビについても、見放題というわけではなく、お金がかかりますし、
夜間は視聴できない場合もあります。

そんなときに喜ばれるのが、テレホンカードとテレビカードです。
テレホンカードは、もちろん電話をかけるときに使います。
テレビカードというのは、病院の談話室などに、その自動販売機があります。
1000円で1枚購入できて、見られる時間というのは、そのテレビカードによって異なります。
しかし、結構このテレビカードがなくなるのは早いもので、あっという間に使い切ってしまいます。
そんな時、このテレビカードをもらうと、いいものです。

時間をつぶせる「本」

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_sまた、もし読書ができるようでしたら、本をお見舞いの品として持っていくのもいいでしょう。
特におススメの本というのが、クロスワードパズルなどの本です。
入院中は、かなり時間が有り余っています。
普通の本ですと、あっという間に読み終えてしまうという場合もあります。
しかし、クロスワードパズルの本でしたら、何時間、
あるいは何日も1冊で時間をつぶすことができます。

マンガや雑誌もいいですが、できることなら、活字の文庫本のようなものの方が、
スペースも取りませんし、2日から3日は持ちます。
ただし、これらの本の場合、つい没頭しすぎて本来しなければいけない休息を
忘れてしまうこともありますので、注意しましょう。
どうしても相手の好きな本や雑誌が分からない場合は、図書券でもいいかもしれません。

ご飯のお供

さらに、おススメのお見舞いの品としては、ごはんのお供があります。
正直言って、病院の食事だけでは物足りないときがあります。
特に、おかずの味付けは淡白ですので、そういった意味で物足りないかもしれません。
そういったときには、ふりかけやのりの佃煮を持っていくといいかもしれません。

しかしここで気をつけたいのは、あくまでも食事制限がないときです。
もし食事制限があるときには、これらのお見舞いは控えましょう。

また、せっかく入院して、心も体も健康になろうというのですから、
お見舞いに持っていくふりかけも、健康を強く意識したものがいいでしょう。
カルシウムやビタミンが豊富なふりかけがおススメです。