年配の方への内祝いギフト

年配の方への内祝い

お祝いをいただいたらお返しするのが礼儀ですが、年配の方への内祝いはとても気を使うものです。
迂闊なものを贈ると生意気と感じさせてしまったり、失礼にあたったり、気合いを入れすぎて逆に気を遣わせてしまったり、と考えれば考えるほど難しいと感じます。
ですが実際に贈って喜ばれるギフトが何なのか、事前に分かっていればそんな悩みも減ります。
ここでは年配の方への内祝いの品物として、好まれるものをご紹介しましょう。

内祝いとして好まれているもの

こちらが選ぶ時に好みが分からなかったり、好みを知ってはいても悩んでしまうことも多いです。
そういった場合にはやはり、カタログギフトが良いでしょう。
自分の好きな物が選べるため、先方にも喜んでもらいやすいです。
お相手がお茶好きな方であれば、一般的に内祝いには贈らないお茶でも十分喜んでもらえます。
この時一言添えて贈ると、より喜んでもらえるでしょう。
また、年配の方以外にも一般的なお米もオススメできる内祝いの贈り物です。
毎日のように食べる物ですし日持ちもしますから、貰って困るということも少なく、喜んでもらいやすいです。
先方がもし料理好きであれば、全形の海苔も良いでしょう。
手巻き寿司をしたり、カットしておにぎりに使ったりと色々な使い方ができるので、海苔が苦手という人でないのなら選択肢に入れたい物の1つです。

塩昆布などは「よろこぶ」の語呂合わせで縁起が良いのでオススメです。
また、ちょっとした有名店のすぐに食べられるようなつくだ煮、お菓子なども喜ばれます。
手間をかけずにご飯と一緒に食べられるようなお茶漬けやふりかけの詰め合わせなども人気です。
他にも即席のスープやお味噌汁など、時間もかからず手軽に食事の一品になるような品物が喜ばれます。
全般的に、後にも残る物よりも食品などの消え物が人気です。
年配の方の中には、体力が衰えて料理が大変になったという人もいますので、そういったことも関係しているのかもしれません。
それを考慮に入れれば、喜ばれるギフトを考えやすいでしょう。
同じ理由から、肉類よりも魚介類の方が喜ばれる傾向にあります。
もちろん、中には魚が苦手で肉類が大好きという人もいますので一概には言えません。
好みをはっきり把握できている場合は、それに合わせた品物を贈るのが一番です。

実用性の高いギフト

実用性ナンバーワンなのは

内祝いで人気なのはやはり実用的な物が多く、その中でも特に人気なのが定番中の定番であるタオルです。
ハンドタオルやフェイスタオルならそうでもないですが、バスタオルとなると自分で買おうとすると意外と高くて驚いたりします。
当然ながら良いタオルになると価格も上がるので、意外と自分では買わないという人も多いのではないでしょうか。
子どもがいる家庭だと特にそうなのですが、1日に何枚もタオルを使ってしまい洗濯が追いつかないということもあります。
また、何度も使って洗濯するうちに肌触りが悪くなったり、生地が傷んでしまったりして、消耗品であるという一面も。
だからこそ実用性が高く、どんな年代や性別の人が相手でも使ってもらいやすく、喜ばれる内祝いギフトとして人気なのかもしれません。

最近では今治のタオルセットや、キャラクター物の可愛いタオルセット、遊び心を取り入れたタオルセットなど種類も豊富です。
スポーツをする人であれば、運動中に汗をふくのに使いやすいフェイスタオルが中心のタオルセットを選ぶと良いでしょう。

タオル以外の実用的で人気なギフト

もちろんタオル以外にも実用的で人気があるギフトはあります。
代表的な物としては、食器や台所用品、石けん類でしょう。
食器に関しては料理をしない人、一人暮らしの人にとっては置き場所がなかったり使う機会がない、ということもあるので気をつける必要があります。
台所用品としてはお鍋やコーヒーメーカー、シリコンの調理器具などがありますが、これも少し人を選ぶと言えます。
料理をしない人の場合はせっかくだから、とこれを機会に少し料理をしてみたりと使ってくれるようになるかもしれませんが、問題なのは既に持っている人の場合です。
相手が持っているのと全く同じものをうっかり贈ってしまうのを避けるには、事前に確認しておかなければなりませんが、これは相手によっては聞きづらいので難しいかもしれません。

無難なところでは、やはり石けん類ではないでしょうか。
台所洗剤やお風呂・トイレの洗剤、石けんやシャンプーのセット、洗濯洗剤など、種類も様々ですがこれらはいずれもたくさんあったとしても、いずれは使う消耗品なので、重複したとしても困ることもありません。

番外編として、女性向け贈って喜ばれそうなギフトに化粧筆があります。
職人が作る高級な化粧筆として有名な熊野筆などオススメかもしれません。
化粧筆であれば多少重複しても、予備として持っていてもらえます。
男性向けとしては、シューズケアセットが挙げられます。
社会人になると男性は革靴をはく機会が増えますので、そのお手入れ道具として贈ると喜ばれるでしょう。
ケア用品は回転は遅くても消耗品ですので、重複してもそこまで困ることもありません。
個性的なギフトを贈りたい、という人はこれらを参考にして考えてみると良いでしょう。

お洒落な結婚内祝いギフト

意外なところが出している結婚内祝い

最近では意外なブランドが出している結婚内祝いの品物がお洒落で、人気があります。
元々、女性向けで人気のあるブランドだけでなく、スターバックスやルピシアのような飲料がメインのブランドからル・クルーゼのようなお鍋などのキッチンウェアメーカーまでが様々な内祝いの品を売り出しています。
結婚内祝い用のギフトとして販売されているために、普通の店舗では買えないような品物もあることも人気の要因です。
お洒落な内祝いを贈ることで、これからお世話になることがあるかもしれない、パートナーの身内に良い印象を与えることもできます。

オススメのお洒落ギフト

特に目を引くのが有名ブランドであるティファニーのプレートです。
ティファニーブルーボックスプレート
こちらはもちろん、オンラインショップでのみ1枚単位で販売しており、1度に6枚まで注文が可能です。
鮮やかながらどこか落ち着いた印象も感じさせる、ティファニーブルーがとても素敵な1枚ですね。
また、お洒落なカタログギフトは探すとなかなか見つからないこともあるのですが、アフタヌーンティーのカタログギフトなら低価格帯でもお洒落です。
アフターヌーンティーのギフトカタログ
きちんとのし対応してくれるバージョンもありますので、そちらを贈るようにしたいですね。
この他、色々なブランドやメーカーが出しているお洒落な結婚内祝いギフトを手軽に探せるのが、結婚情報誌ゼクシィのネットショップです。
ゼクシィONLINE STORE 結婚内祝い
こちらは結婚内祝い専門のネットショップになっているので、品数が豊富なのはもちろんのこと、結婚内祝いとしてはふさわしくない物をうっかり選んでしまう心配もありません。
ブランド一覧から探すと、先ほどもご紹介したスターバックスやル・クルーゼはもちろん、キャスキッドソンなどの人気ブランドも多数あり目移りしてしまいます。

パートナーと一緒に結婚内祝いを選ぶことで、夫婦としてお互いがお世話になった人へのお返しを一緒に考えて贈る、という経験もできるため是非時間を作って一緒に内祝いの品物を選んでみてください。