七五三内祝い

七五三の内祝いは必要?

一般的に、子どものお祝いにお返しは必要ない、と言われていますが最近では礼儀を重んじて内祝い、としてお返しをするご家庭が増えています。
では七五三の内祝いとして贈るのはどんな物が代表的なのかと言うと、千歳飴や赤飯、日用品とされています。
ですが、それだけでは誰に何を贈れば良いか分かりにくい、という人も多いでしょう。

相手によって贈るものを考える

七五三のお祝いをいただく相手として最も可能性が高く、最も近い親族でもあるのが七五三を迎えた子どもの祖父母です。
きちんとしたお返しを考えすぎると、他人行儀だとか水臭いと捉えられてしまうかもしれません。
祖父母が近くに住んでいたり元気ならば、子どもも連れて七五三祝いの食事の席をもうけるのが一番ですが、遠方に住んでいたり体力的に負担になるような場合は、お菓子などに七五三の写真を焼き増しして送ると良いでしょう。

次に親戚からお祝いをいただいた場合ですが、この場合はお菓子類や日用品を贈ります。
日用品は贈りやすいブランドのタオルや石けんなどが人気です。
また、近所の方や友人からお祝いをいただいた場合、いただいた状況や金額にもよるので判断に迷うところではありますが、いただいたのが少額であれば千歳飴で十分です。
きちんとしたお返しをしなければ失礼になってしまいそうな金額をいただいたのであれば、お菓子類や日用品を贈りましょう。
いずれにしても、そもそもは必要ないと言われているお返しですので、相手が「かえって気を遣わせてしまった」と思わない程度にとどめます。
受け取るのに躊躇されないような、受け取りやすいものを選ぶようにします。
相手との関係性、普段の付き合い方などで柔軟に考えて対応しましょう。

なお、お返しする場合の金額の目安は、一般的にいただいた品物の3割から半額程度です。
またなるべく早くお返しするのが理想ですので、お返しをする期間はお祝いをいただいてから1か月以内です。
もし物を贈る場合は、紅白の水引を使い、表書きには「内祝い」として下段に子どもの名前を書いて贈ります。

ちなみに、七五三のお返し用に「名入れお祝い返し」のサービスがあるショップもあります。
ベネッセライフスマイルショップ
お祝いをたくさんいただくご家庭は、こういったサービスを利用すると便利です。

内祝いにお勧めの商品券

商品券を贈る時に気を付けること

内祝いに商品券を贈る場合は気を付けないといけない時があります。
それは、内祝いを贈る相手が目上の人である場合です。
基本的に目上の人に対して、金額がはっきり分かるような物や、現金、またそれに近い商品券などを贈るのはマナー違反とされています。
目上の人以外でも、商品券を贈られて失礼だと感じる人もいますが、自分で好きな物を選べることで最近人気のカタログギフトよりも商品券が良い、という人もいます。
ですので、商品券を贈る場合は商品券をもらうことに抵抗がない人かどうか、事前に分かっている相手にだけ贈る方が無難かもしれません。
欲しい物を聞けるような間柄であれば、確認してから贈るのも良いでしょう。

内祝い向きの商品券とは

では内祝いとして贈る時に向いている商品券とは、どんなものなのでしょうか。
特定の店舗でしか使えない商品券では、贈った相手の住んでいる近所にその店舗がない場合、使えないのでオススメできません。
遠方の相手に贈るのであれば、特にそうですがどんな地域でも使いやすい商品券を贈るのが鉄則です。
商品券にも色々ありますが、限られた商品しか買えないものより、出来るだけ何でも買えるものの方が良いです。
たとえば、全国の百貨店で使える全国百貨店共通商品券、百貨店だけでなくスーパーやレストラン、ホテルなどでも使える、クレジットカード会社が発行しているギフトカードなどです。

少し変わったものとしては、クオカードがあります。
これはカードタイプの商品券で、コンビニやドラッグストア、ガソリンスタンドなどの身近なお店で使えるので手軽に使ってもらえます。
また、インターネットを利用すればデジカメで撮った写真やイラストに文字を入れたオリジナルカードが簡単に作れるため、内祝いとしてはぴったりかもしれません。
ただし、オリジナルカードが作れるのは5枚からです。
内祝いを贈る相手がインターネット通販をよく利用する人であれば、ネット通販のギフトカードも喜ばれるかもしれません。
その中でも有名で使いやすいのは、Amazonギフト券でしょう。
こちらはカードタイプだけでなく、印刷タイプ、Eメールで送るタイプなど色々ありますので、相手との関係性などを考慮して贈ると良いでしょう。

友人、同僚に送る内祝い

人と被らないように

友人や同僚への内祝いでは、人と被らないようにしたいものです。
身近な人だからこそ、誰かと被ってしまうと後で気まずい思いをしてしまう、なんてこともあるのでなおさらです。
人と被らないようにとは思っていても、親しき仲にも礼儀ありと言いますし、きちんと通例には従って失礼のないようにしたいですね。

まず、内祝いとして贈る物の大体の値段を決めないと品物選びができません。
相場としては、いただいたお祝いの額の大体3分の1から半額くらいの物を贈るもの、となっています。
ですが、友人や同僚からのお祝いとなると、複数人でまとめていただくことも多いです。
そうやっていただいた品物の大体の金額を、人数で割って1人分の値段を計算して更にそれを相場に合わせて…と考えるとお礼として贈るのには躊躇われるような物しか買えない値段になってしまうことがあります。
それでは、と内祝いを贈るサイトで探してみても値段が下がりすぎるとなかなか良い物がなく、あったとしても選択肢が狭くて内祝いを贈ったことのある人には金額が丸分かりになってしまい、また気まずくなりそうで悩んでしまう人もいるでしょう。
友人や同僚が相手だから気安くて贈る物で悩まないだろうと思って後回しにしてしまった人もいるでしょうし、いざ考え始めると逆に決まらなくて何日も悩んでしまい、焦るかもしれません。
ただでさえ贈る物を何にするかで悩んでしまうのに、更に人と被らないようにというところまで考えていては贈る物が何もない、と思う人もいるでしょう。

手作りのススメ

ここでオススメしたいのが、内祝いの品を自分で作ってしまうということです。
手作りなら被ることもありませんし、価格もその予算で作れる物を考えれば良いので比較的自由になりやすいです。
手作りと言っても、特別凝ったことをする必要はありません。
たとえば、市販のジャムやハチミツ、お洒落でちょっとしたお菓子でも構いませんので、まずはそれらを予算に合わせて1人に対していくつか用意します。
次は、それに合うようなサイズの箱や袋などの入れ物を探します。
探すのは百均やホームセンターでも構いません。
ちょうど良い物があれば、それを人数分用意し、そのままではお洒落でなかったりお礼として贈るには少し、ということもありますのでデコレーションするための物を更に探します。
マスキングテープやレースシール、小さなリボンや花の飾りなどデコるためのアイテムは色々ありますので、相手の好みや贈る物とのバランスにも気を付けながら考えると良いです。
手先が器用な人なら、入れ物を完全に自作の物にしてしまっても良いかもしれません。
ただ、自分の負担にならないよう、また貰った相手が逆に気を使ってしまう物にならないよう、気をつけましょう。
内祝いですので、贈る物はシンプルめにしてメッセージカードなどで凝るのも素敵です。
この時気をつけたいのが、お返しという言葉を使うのは内祝いではタブーだということです。
内祝いは本来、いただいたから返すというものではなく、お祝いごとをお裾分けするような気持ちで贈るものだからです。