私の大切な人に送りたい誕生日プレゼントは、本と旅行でした

毎年本を送っていました

大切な人に送りたい誕生日プレゼント、それは本です。
本と書くと、なんだぁと思う方多いかも知れません。
ですが私と奥さんは、結婚してからすでに30年を過ぎているのです。
ですから30年間に渡って、誕生日にプレゼントするのは結構大変なことなのです。
私の年は、還暦を過ぎた62歳です。
そして奥さんは、今度の誕生日で55歳になるのです。
毎年、同じ種類の本ではダメと思います。

ある時は、女性が喜ぶような恋愛本、時には渡辺淳一先生の書く恋愛でも濃い本。
またある時は、医学の本。
これなどは、私や奥さんが病気になった時など参考になるような本。
そして、道路地図。
おとぎ話の本も、推理小説もありました。
そんなことから、前の年の人気の本のような物が多い気もします。
今の時代、本を読む人が少なくなっているようですが、
私が奥さんに本を贈るおかげで娘も一緒に本を読んでくれるのです。
これは私にとって、嬉しい誤算だったのです。
インターネット時代になっても本の有難味が
判ってくれる家族がいることも嬉しいことと思います。

旅行で思い出をプレゼント

しかし、毎年本だけと言うのも策がない私でした。
結婚10年目の頃からは、二人で旅行に出るようになりました。
これは、誕生日当日と言うことが難しく、時期づれもあったのです。
ですが、1月28日前後には必ず旅行に行くようにしていました。

これは、日々の感謝を込めたものでした。
毎日の炊事や掃除などの家事に対するお礼でもあるのです。
海外こそ滅多に行きませんが、この時期の旅行は比較的空いているところも多いのです。
京都や奈良、萩や津和野。
横浜から鎌倉など、比較的旅行のしやすいところを選らんで旅に出たものです。
冬場ですから、アルプス地方へは、行きづらいのです。
福岡などは、食べ物が思ったより美味しくビックリしたこともあります。

時には、沖縄旅行。
この沖縄では、いろんな島への旅も出来る良い季節でもあったのです。
また奥さん、ゴルフもするのです。
そんなこともあり、宮崎県から鹿児島県などでは、ゴルフも経験しているのです。
このように30年以上、旅を続けてくると結構マンネリもすると思われる方いるかも知れません。

ですが日本と言うところは、本当に良い国と思います。
正直、京都への旅行などもう何度行ったのか判りません。
この誕生日プレゼントの旅行だけでなく、
春の桜、夏の祇園祭り、秋の紅葉などいろいろと行っているのです。
飽きることのない日本の国は、旅行には最高の国とも思います。
それは温泉という素晴らしい観光名所もついて来るからと思うのです。
この温泉地へ行くとなると、ますます旅行に拍車をかけなければなりません。
温泉旅行となると、ますます目の色が変って来るのが奥さんです。

これからもたくさんの本と温泉旅行をプレゼントする予定の私、
奥さんにはいつまでも健康でいて欲しいと思っています。
そして、まだまだ仕事を辞める訳にいかない私もいるのです。
健康に注意しながら、仕事に遊びに頑張る私なのです。

子供のお誕生日祝いは親も参加することをおすすめします

おもちゃを上げることをおすすめします

私は子供のお友達のお誕生日祝いは、おもちゃをおすすめさせて頂きたいです。
それは私自身が、子供の頃にお友達からたくさんのおもちゃを頂いた経験からです。
それはあとから聞いた話ですが、お友達の親がいいとすすめてくれた贈り物だったそうです。
私は、そのお贈り頂いたおもちゃを、それはうれしい気持ちで頂きました。
その頃はまだだいぶ幼少期だったので記憶はおぼろげですが、以降、物心ついてからも、
お友達とお友達の親御さんは、訪問時や、季節の贈り物などの時に、
何かと私を気遣って下さり、おもちゃをたくさん贈って下さいました。

私は、子供ながらに、大人が私の存在を気遣ってくれていると感じ、
とても大人が好きな人間に成長しました。
学校生活では、先生が大好きで、社会に出てからも、人が大好きでいることができています。
それはひとえに、大人が、私が子供の頃にその存在を気遣って下さったからです。
私が喜ぶものを覚えていて下さって、事あるごとに私の存在を、
贈り物をもって気遣って下さったことが、私の成長にとても良い影響を与えて下ったと思います。
人一人の成長に、大人の子供への気遣いは、とても大切です。
贈り物という、形にした気遣いは、まだコミュニケーション能力が未発達な子供に、
適したコミュニケーションだと思いました。
『あなたのことを思っている』ということが贈り物を通して伝わり、
それが形としてずっとそばにあることが望ましいのではないでしょうか。

私はお贈り頂いたおもちゃを、ずっと大切に保管しています。
時々そのおもちゃを眺めて、『大切に思って下さってありがとうございます。
私もこれからの子供達に同じ幸せを贈りたいです』と感謝の思いを告げ、
恩返しの思いを心に誓っています。

大人を信頼してもらう

私は、おもちゃを頂いたことは、『私を喜ばせようとして下さっている』と、
大人に対して思いました。
子供の頃は、些細なことで大人に対して人間不信となり、
それが生涯に渡って影響するということがあります。
子供の頃の大人との関係は、後に社会を築く一員の成長に、いかに重要かと思います。
子供を甘やかしてはいけないとか、叱ることも愛情ということもあると思いますが、
大切なのはその意味が理解できるかどうかです。

大人が叱る意味が理解できるのは、多くは大人になってからではないでしょうか。
大切なのは、大人を信頼してもらうことです。
まずは、大人に対して安心感を持たせることで、
そのためには、まずは大人のほうから子供を喜ばせることをすることが必要だと感じました。
私は先に述べましたように、人が好きな大人に成長しました。

今でも、特に年上の人が好きです。
年上の人と接すると、子供の頃の感覚が一気に戻って来るのを感じます。
心の底から、わっとわきあがってくるほど、接していてうれしく幸せなのです。
大好きという感情がわきあがってくるのです。
それはきっかけは贈り物でしたが、うれしかったのは私を気遣って下さったことと、
大人になった今ではきちんと今に沿った形で精神上成り立っています。
子供と大人の、贈り物を通したコミュニケーションを、ぜひおすすめさせて頂きたいと思いました。

友達の誕生日のギフト

まずはしっかり下調べ

みなさんの中にも、友達の誕生日にギフトを送りたいと思ったことのあるという方は
多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、実際送るとなると、何を送ってよいか悩まれることと思います。
また、実際に送るとしても、送料などの問題もありますし、
少しでも安くてよいものを送るためには、しっかりとした下調べが必要だといえます。

とはいっても、友達の誕生日に、友達のほしくないものをプレゼントしてもどうしようもないので、
まずは本当に友達がほしがっているものを調べるということが大切です。
しっかりとした調査をすれば、友達がほしいものというのは、
すぐにわかるものなのではないかと思います。

大体のほしいものがわかれば、次に商品を探すことをしなければなりません。
商品は、種類や価格も様々だと思うので、しっかりと調べることも必要です。
また、最近では、インターネット等で買うことで、より早く、
安くプレゼントを贈ることができるようになりました。
ギフトを送るのにも、インターネットを使うという手段もあるのではないかと考えられます。
友達の誕生日に、ギフトを送るという観点からするお、
インターネットを使うというのも良いのではないでしょうか。

種類の豊富なものが送りやすい

友達の誕生日に送るものとしては、やはり男女で異なってくると思います。
男性ならば、就職活動中や、今現在働いている方には、ネクタイが無難であるかもしれません。
ネクタイであれば、何本持っていても邪魔にはなりませんし。
種類も様々で、値段も手ごろなので、とても友達の誕生日プレゼントには
最適なのではないかと思います。

また、女性に関しては、ブランド物などが良いと思いますが、
その女性によって異なってくるといわざるを得ません。
しかし。
一般的には、ハンカチなど、何個持っていても使えて、
種類が豊富なものを選ぶとうまくいくのではないでしょうか。
また、友達の誕生日にギフトを送るという場合は、
しっかりと現物を見るということも大事なのではないかと思います。

自分が贈る予定だったものと、実物が大きく異なっていれば、
そこで問題が生じてくるのではないかと考えられます。
もちろん、インターネットから送るという場合は、現物を見るということは難しい場合が
ありますので、しっかりとその商品について調べておくことが、必要不可欠です。
しっかりと調べることで、その送る商品のことを詳しく知ることができて、
送った相手としても喜ばしいものが選ぶことができます。
親密であれば親密であるほど、友達の誕生日プレゼントを選ぶのは難しいといえます。
しかし、時間などの手間をしっかりとかけてじっくり考えれば、
必ず良いものが選ぶことができるでしょう。