お中元の豆知識

お中元の豆知識をチェックしよう

お中元を知人の方に贈る方も多いと思いますが、お中元について詳しくご存知でしょうか。
何となく風習なので贈っている方もいると思います。
ですが、お中元は古くから歴史のある風習で、そうした歴史を知ることでお中元もより感謝の気持ちを持って贈ることができるのです。

ここではお中元の豆知識についてご紹介します。
ここで学んだことを元にしてお中元を贈ることで、より知人の方にぴったりなものを贈ることができるようになるかもしれません。
参考にしてみてほしいと思います。

お中元の豆知識をご紹介

お中元がまずいつかを知らない方も多いのではないでしょうか。
中元という日があり、これは7月15日です。
中元は中国に由来している日で、大切な日とされてきました。

中元は真ん中の日とも言えますが、中国では中元に加えて上元と下元という日があります。
それぞれ1月15日と10月15日です。
この3つの日は道教の教えによっており、天神様という神様の誕生日とされています。
そのため誕生日をお祝いするために、これらの日には様々なお供え物を供えたり、お祭りをしたりする風習があります。

これが日本にも伝わり、中元が広まるようになりました。
中元が広まったのは江戸時代で、お世話になった方に贈り物をするという風習として広まりました。
中国の中元とは少し違った意味で広まるようになりましたが、感謝やお祝いの気持ちを知人の方に伝えるという、気持ちの面では似ている面があります。

こうした由来のあるお中元ですが、贈る時期にも気を付けたいところです。
中元自体は7月15日ですが、お中元を贈るのはもう少し前の段階からです。
7月上旬から15日にかけて贈られるのが一般的なので、お中元を贈ることを検討している方はこの時期に贈るようにしましょう。

また、中には旧盆の習慣がある地域もあります。
こうした地域ではお中元の時期も少しずれます。
8月上旬から8月15日にかけてがお中元を贈るタイミングになるので、あなたの地域を確認すると良いでしょう。

お中元として贈る品物の金額は大体3千円から1万円ほどの間で贈る方が多いです。
知人の方があなたにとってどのような存在かによって金額を変えると良いでしょう。
目上の方やいつもお世話になっている方ならある程度高い金額にするのもおすすめと言えます。

お中元をしっかり理解しよう

このように、お中元には様々な由来があり、ルールもあります。
しっかり理解して今後お中元を贈る際の知識として生かしてほしいと思います。
こうしたことを分かっておくだけでお中元を贈る際にもより適切なものを贈ることができるようになります。
参考にしてくださいね。

父の還暦祝いのプレゼント

還暦祝いのパーティ

021a0a82ec3f1e1676dbf70986eda4f4_s父の還暦祝いのパーティーを妹家族とうちの家族ですることになりました。
場所は実家で、母が父のために父の好きなメインのお料理を用意して、
私達家族もそれぞれ料理を何品か持ち寄りました。
還暦祝いのパーティーのメインのイベントは、
一人ひとりが考えて用意したプレゼントを言葉を添えて渡すことです。

わたしの家でもそれぞれみんな何を用意しようかと悩みました。
私の実家の父なので、私が一番好みや趣味を知っているということで、
これでどうだろう、どちらがいいだろうと家族に相談されました。
私自身も何を贈ろうかと、いつもの誕生日よりも記念品らしいものをと
ネットでずいぶん調べました。

当日、皆でプレゼントを渡すときにはずいぶん盛り上がり、父もとても嬉しそうでした。
私は父の好きなパズルを珍しい立体のもので用意しました。
他の家族は、湯のみやカットグラス、眼鏡やペンを入れるケース、
5年日記帳、写真たて、お茶碗、コーヒーカップなど様々でした。
特にまだ中学生や学生の孫からの小さなプレゼントはうれしそうでした。

写真たてには、名前や記念日の言葉や日付を入れてありました。
コーヒーカップは、父の好きなものが描かれているデザインのものでした。
私のパズルは、自分では立体のパズルまでは買わないだろうと、
パズル好きで地図も好きな父にと考えた地球儀の立体パズルです。

組み立てると、地球儀として机に飾って眺めることもできるので選びました。
カットグラスは父の思い出の土地の有名なガラス工芸店のグラスでした。
5年日記帳は、毎日日記をつける父のことを考えて選んだそうです。
湯のみも、眼鏡入れも父の毎日の過ごし方を見て考えたものです。
還暦祝いのプレゼントは、やはり本人の喜ぶものをと考えて選ぶことが
一番大事だと思います。

その人に合ったものを

よく自分のことを見ていてくれて、自分のことを考えて選んでくれたと父は感激していました。
小さなものでも、本人のことを思って選ぶプレゼントは喜ばれると思います。
還暦祝いだからと赤いちゃんちゃんこを贈ることも、
決まったパターンの還暦祝いらしいイベントになるので、それはそれでお勧めできます。
赤いちゃんちゃんこは嫌だと言っていたとしても、実際にお祝いの席では、
お祝いしてもらえることを喜んでくれると思うので楽しいイベントになると思います。

それ以外でプレゼントするならば、本人に似合う個性的で、
還暦祝いの雰囲気もあるプレゼントなら何でも喜んでもらえると思います。
例えば、父のように、日記をつける習慣のある人なら、
日記帳の自分では買わないような立派なものもお勧めです。
晩酌をする人ならば、お酒のボトルやグラスも記念品らしいものを選ぶならばお勧めです。
カメラが好きな人には、立派な写真たてに、還暦祝いの記念写真を飾ってもいいですし、
本人が撮ったお気に入りの写真を飾ることもできると思うのでお勧めです。
本人を良く見て、喜ぶようにと考えられたプレゼントだったなら、
なんでも還暦祝いにふさわしいプレゼントになると思います。

おすすめの結婚祝い

新居で使えるものが喜ばれる

友人や知人が結婚をする際、お祝いの気持ちを込めて何かプレゼントを贈りたい!
と思いますよね。

プレゼントを贈る相手の好みをしっかり把握しているのであれば、それを贈るのが一番です。
相手がガーデニングに凝っているような方なら、花言葉が結婚に
ぴったりな記念樹を贈ったり、ディズニーランドが好きなら、ディズニーグッズを贈ったり。
でもそうではなかった場合は、新居で使えるものをプレゼントするのが良いです。
例えば私が結婚をした時、昔からの友達の一人で、
私の好みをしっかり知っている人は、明るい色のエプロンをくれました。

色も形も私好みのものでしたしそして私がお菓子やケーキ、パンをよく作るのを知っていて、
その時に使えるように、と思ったに違いありません。
また別の友人で小学校からの友達は、先ほど述べました、記念樹を送ってくれました。
金柑の木でした。
花言葉は、「思い出」という事で、今まで何十年もの間仲良くしている
友達との思い出を思い出して温かい気持ちになりました。

そして別の友人ですが、その方とはここ2.3年で仲良くなった友達でした。
その子は可愛いマグカップをくれました、夫の分と合わせて二つのペアのマグカップ。
毎朝コーヒーを飲んだり、おやつの時間にちょっと紅茶を飲んだり、
必ず使うものなのでとてもありがたかったです。

メッセージやアルバムのギフトも人気

こういった物を贈る以外に、お勧めのギフトは、
友人からのメッセージを集めてアルバムにしたもので、こちらも実際頂いた事があります。
サークル仲間の同期だけを結婚式に呼び、先輩や後輩は二次会のみに出席して頂きました。

同期の子達は結婚式で撮った写真を、結婚式と二次会の間の時間で現像をし、
事前にある程度つくってあったアルバムに挟んでくれました。
そのアルバムの中には、結婚式・二次会に来てくれた人達からのメッセージだけでなく、
これなかった先輩や後輩からのメッセージが直筆で書いてありました。
とても感動したのを今でも忘れていませんしメッセージに感動したのはもちろんの事です。
結婚式の写真があった事に驚き嬉しかったのをはっきり覚えています。

新郎・新婦は、結婚式の写真は終わった直後全くないんです。
だって主役の本人達なんですから、写真をとってる場合ではありません。
なのでみんなの目にどんな様子で写っているか、私達がいない時に
みんなどんな様子だったのか、がその写真からわかり本当に嬉しかったです。
そしてそのアルバムもおしゃれで可愛いものでした。
表紙は新郎新婦の写真が入れられるようになっていて、その上に透明のカバーを
するんですが、その透明カバーに結婚に対するとてもいい言葉が入っています。

なのでそのカバーをすると、まるで、私達の写真がポストカードのように
メッセージ入りの写真に変身するようになっていました。
アルバムの中もポップアップになっている所が沢山あって工夫がなされているものでした。
このようにメッセージカードや写真を挟んだアルバムもとても喜ばれます。