お中元の豆知識

お中元の豆知識をチェックしよう

お中元を知人の方に贈る方も多いと思いますが、お中元について詳しくご存知でしょうか。
何となく風習なので贈っている方もいると思います。
ですが、お中元は古くから歴史のある風習で、そうした歴史を知ることでお中元もより感謝の気持ちを持って贈ることができるのです。

ここではお中元の豆知識についてご紹介します。
ここで学んだことを元にしてお中元を贈ることで、より知人の方にぴったりなものを贈ることができるようになるかもしれません。
参考にしてみてほしいと思います。

お中元の豆知識をご紹介

お中元がまずいつかを知らない方も多いのではないでしょうか。
中元という日があり、これは7月15日です。
中元は中国に由来している日で、大切な日とされてきました。

中元は真ん中の日とも言えますが、中国では中元に加えて上元と下元という日があります。
それぞれ1月15日と10月15日です。
この3つの日は道教の教えによっており、天神様という神様の誕生日とされています。
そのため誕生日をお祝いするために、これらの日には様々なお供え物を供えたり、お祭りをしたりする風習があります。

これが日本にも伝わり、中元が広まるようになりました。
中元が広まったのは江戸時代で、お世話になった方に贈り物をするという風習として広まりました。
中国の中元とは少し違った意味で広まるようになりましたが、感謝やお祝いの気持ちを知人の方に伝えるという、気持ちの面では似ている面があります。

こうした由来のあるお中元ですが、贈る時期にも気を付けたいところです。
中元自体は7月15日ですが、お中元を贈るのはもう少し前の段階からです。
7月上旬から15日にかけて贈られるのが一般的なので、お中元を贈ることを検討している方はこの時期に贈るようにしましょう。

また、中には旧盆の習慣がある地域もあります。
こうした地域ではお中元の時期も少しずれます。
8月上旬から8月15日にかけてがお中元を贈るタイミングになるので、あなたの地域を確認すると良いでしょう。

お中元として贈る品物の金額は大体3千円から1万円ほどの間で贈る方が多いです。
知人の方があなたにとってどのような存在かによって金額を変えると良いでしょう。
目上の方やいつもお世話になっている方ならある程度高い金額にするのもおすすめと言えます。

お中元をしっかり理解しよう

このように、お中元には様々な由来があり、ルールもあります。
しっかり理解して今後お中元を贈る際の知識として生かしてほしいと思います。
こうしたことを分かっておくだけでお中元を贈る際にもより適切なものを贈ることができるようになります。
参考にしてくださいね。