引っ越し挨拶のギフト

引っ越し挨拶のマナー

引越し前後の挨拶回りで気をつけたいマナーとして、まず引っ越し前の旧居でのお礼回りのものがあります。
こちらは引っ越しの1志友館前から前日までになるべく済ませます。
集合住宅の場合は両隣、上下階へ、一戸建ての場合は向こう三軒と両隣にお世話になったお礼を伝えます。
親交があった方や大家さん、地主さんや管理人さんと特にお世話になった方がいれば、その方にはお礼の品も持参します。
のしは紅白の蝶結びで表書きは「御礼」の下に苗字を書きます。
引っ越したら、新居での挨拶も大事です。
できれば引っ越しの前日から当日、または翌日までに済ませます。
旧居での挨拶と同じく、集合住宅は両隣と上下階、一軒家は向こう三軒と両隣、大家さん、地主さんや管理人さんにご挨拶の品を持参します。
のしは紅白の蝶結び、表書きは「御挨拶」としてその下に苗字を書きます。
名前を入れておくと、覚えてもらえやすいです。

このご挨拶の時に持参する品物の相場は、ご近所の方には500から1500円程度の粗品、大家さんや地主さん、管理人さんがいる場合はその倍程度の1000から3000円くらいの品物を贈るのが一般的です。
贈る品物としては、定番のタオルセットや石けん、洗剤などの複数あっても困らない消耗品や実用品、日持ちしてあまり好き嫌いの分かれないようなお菓子やお茶やコーヒーなどが最適です。
引っ越し当日はバタバタしますので、翌日でも構いませんが忘れないようにきちんとご挨拶するようにしましょう。
ギフトの品物は引っ越し前に用意しておく場合、すぐに出せるように荷造りしておきます。
引っ越し前に発注して新居に引っ越し当日の夜や翌日の午前中に届くようにしておくと、なくしたりどこに入れたか分からなくなるということが減らせます。

引越し挨拶のハガキ

ギフトではありませんが、これも引っ越しの時のマナーとして大切です。
お世話になっている人や親類などに、転居先の新しい住所、連絡先を知らせるハガキを出します。
引っ越しが終わってから1ヶ月以内を目安として送ります。
新築の場合は新居の写真を印刷して送る人もいます。
11月以降に引っ越したり、どうしても多忙で出せなかったりした場合は無理に出さず、年賀状など季節の挨拶の際に「右記住所へ引っ越しました」などのように一言添えれば問題ありません。

目覚まし時計の贈り物

何故目覚まし時計なのか

引越し祝いに何故目覚まし時計?と思う人も多いでしょう。
実はこれは、新社会人となる身内に向けた引っ越し祝いなのです。
今まで実家暮らしで、学校に行く時にもし寝坊したとしても家族が起こしてくれていたから遅刻はしなかった、という人も一人暮らしを始めれば起きれないということはそのまま遅刻する可能性が非常に高いことです。
せっかく新社会人として1人での新しい生活を始めたのに、いきなり遅刻しては大変です。
ですが、自分で買うとなると安い物では心配ですが、良い物だと意外と高くてなかなか手が出ないことも多いのが目覚まし時計です。
最近では携帯電話を持っていない、という人のほうが少なくなり、時計ではなく携帯電話で時間を確認することの方が多いですが、家の中にいる間は手が汚れていたり料理をしていたり、という時でも咄嗟に時間の確認ができる壁掛けや置き時計は重宝する物です。
また、ここで贈る目覚まし時計は絶対に時間がずれない物を選びます。
時計の時間が狂うようでは、目覚まし時計としての機能が十分とは言えません。
ですので、しっかりした電波時計が最適です。

目覚まし時計であれば、長く使ってもらえますし役にも立つので喜んでもらえることでしょう。
万一、既に目覚まし時計を持っていたとしても、遅刻防止のために目覚まし時計の重ねがけを勧めます。
新社会人ともなると、学生の頃よりも疲れることが増えますし、付き合いで飲んだ翌日などはいつもより起きづらいこともあります。
そういった時に、目覚まし時計が複数あると安心ですので、あって困るというものではありません。

選ぶ時に気をつけたいこと

壁がけ、置き時計どちらを贈るにしても、相手が女性か男性か、ある程度の好みが分かっているならばそれも考慮に入れて選びます。
基本的にはキャラクター物は避けた方が良いですが、贈る相手がものすごく好きなキャラクターの良い時計があった場合は、それを贈っても良いでしょう。
もし、自分と違う性別の相手に贈る場合に自分で選ぶのに自信がなければ、店員さんに相手の性別や年齢、引越し祝いであることを伝えて選んでもらうのも1つの方法です。
ただ、特別に相手が好きなデザインなどが分かっている場合をのぞき、出来るだけシンプルでどんな部屋にも合うような物を選んだほうが無難です。

友人の引っ越し祝いにお勧め

引っ越し祝いとして最適な物とは

友人が引っ越しをした、という時には引越し祝いを持って新居を訪ねたいものです。
特に仲の良い相手であれば、事前に言って片付けを手伝ってあげるのも良いでしょう。
そんな時に喜ばれる引越し祝いとは、どんな物でしょうか。

まず、引越し祝いの相場を知っておくのが大切です。
一般的には3000円から1万円が相場と言われていますが、親戚・兄弟姉妹などだと3万円から5万円となります。
特に賃貸物件への引っ越しではなく、新築物件への引っ越しの場合は相場が高めになる傾向にあります。
そもそも、引越し祝いは相手に気を使わせない、というのが大前提ですのでお互いの関係性で考えると良いでしょう。
今回の場合友人が相手ですので、3000円から5000円の間で考えると良いです。

引越し祝いでは「その場に根付く」ようにという意味をこめて、観葉植物を贈ることが多いですが、相手が観葉植物に全く興味がない場合は迷惑になってしまうので、あらかじめ好みを確認しておくと良いでしょう。
また、もし贈る場合は手入れが楽なパキラやバンブーなど、相手の負担にならないようなものを選びます。
新居の家具がまだ揃っていないようなら、インテリアの写真集やインテリア雑誌などを贈ると家具の配置などで参考にしてもらえるかもしれません。
意外と引越し祝いで喜ばれるのは現金という話もありますが、さすがに現金を友人に贈りづらいという場合は商品券にすると良いです。
引っ越し直後は何かと物入りなので、助かるようです。

引越し祝いとして贈ってはいけない物

なお、引越し祝いでは贈ってはいけないとされる物もありますので注意が必要です。
火事を連想させる、灰皿やランプ、赤色の物などは絶対に贈らないようにしましょう。
まだまだアロマが人気で好きだという人も多いですが、たとえ相手がアロマ好きだったとしてもアロマキャンドル、お香はNGです。
どうしてもアロマ関係が贈りたいのであれば、アロマディフューザーにすると良いでしょう。
ただし、既に相手が持っていないか確認しておいた方が良いです。
もし、既に持っていたならばアロマオイルをいくつか贈るかたちにします。
また、大きなインテリアなどは相手の好みもありますので事前に聞いてから贈りましょう。
何も言わずにいきなりプレゼントすると、好みに合わなかったり使わない物だった場合に転居したばかりの相手に迷惑をかけていまうので避けます。