友人の引っ越し祝いにお勧め

引っ越し祝いとして最適な物とは

友人が引っ越しをした、という時には引越し祝いを持って新居を訪ねたいものです。
特に仲の良い相手であれば、事前に言って片付けを手伝ってあげるのも良いでしょう。
そんな時に喜ばれる引越し祝いとは、どんな物でしょうか。

まず、引越し祝いの相場を知っておくのが大切です。
一般的には3000円から1万円が相場と言われていますが、親戚・兄弟姉妹などだと3万円から5万円となります。
特に賃貸物件への引っ越しではなく、新築物件への引っ越しの場合は相場が高めになる傾向にあります。
そもそも、引越し祝いは相手に気を使わせない、というのが大前提ですのでお互いの関係性で考えると良いでしょう。
今回の場合友人が相手ですので、3000円から5000円の間で考えると良いです。

引越し祝いでは「その場に根付く」ようにという意味をこめて、観葉植物を贈ることが多いですが、相手が観葉植物に全く興味がない場合は迷惑になってしまうので、あらかじめ好みを確認しておくと良いでしょう。
また、もし贈る場合は手入れが楽なパキラやバンブーなど、相手の負担にならないようなものを選びます。
新居の家具がまだ揃っていないようなら、インテリアの写真集やインテリア雑誌などを贈ると家具の配置などで参考にしてもらえるかもしれません。
意外と引越し祝いで喜ばれるのは現金という話もありますが、さすがに現金を友人に贈りづらいという場合は商品券にすると良いです。
引っ越し直後は何かと物入りなので、助かるようです。

引越し祝いとして贈ってはいけない物

なお、引越し祝いでは贈ってはいけないとされる物もありますので注意が必要です。
火事を連想させる、灰皿やランプ、赤色の物などは絶対に贈らないようにしましょう。
まだまだアロマが人気で好きだという人も多いですが、たとえ相手がアロマ好きだったとしてもアロマキャンドル、お香はNGです。
どうしてもアロマ関係が贈りたいのであれば、アロマディフューザーにすると良いでしょう。
ただし、既に相手が持っていないか確認しておいた方が良いです。
もし、既に持っていたならばアロマオイルをいくつか贈るかたちにします。
また、大きなインテリアなどは相手の好みもありますので事前に聞いてから贈りましょう。
何も言わずにいきなりプレゼントすると、好みに合わなかったり使わない物だった場合に転居したばかりの相手に迷惑をかけていまうので避けます。