お年玉は何歳からいくらあげたら良いのか

お年玉を何歳からあげるのか

新年になるとやってくるもの、それは新しい年だけではありません。
子供にあげるお年玉もやってきます。
子供の頃はもらってとても嬉しいものでしたが、大人になると今度はあげる側になります。
お年玉をあげるタイミングが近づいてくると、一体何歳からあげれば良いのだろうと迷う方もいるかもしれません。

今回はお年玉を何歳からあげれば良いのか、また、金額はいくらくらいにすれば良いのかをご紹介します。
これであなたもお年玉をしっかりあげられるようになりますよ。

お年玉をあげる年齢と金額について

お年玉をあげる年齢ですが、小学校への入学をあげるタイミングにしている家庭は多いです。
小学生になると子供もひとつ階段を上ったようなイメージがあり、節目として最適と考える方が多いです。
また、兄弟の場合は上の子が小学校に入学したタイミングであげると良いでしょう。

上の子は不公平と感じることがあるかもしれませんが、お兄さんやお姉さんなのだからそこは多めに見てあげてねと伝えれば納得してくれることも多いはずです。
また、家庭によっては幼稚園の頃からお年玉をあげる家庭もあります。
ここはそれぞれの判断で決めて良く、お年玉は何歳からという決まりはありません。
あなたの中で幼稚園からあげた方が良いと思えば、そのタイミングからあげるのもおすすめです。

また、あげる金額ですが、幼稚園の頃は500円ほどのワンコインにしておく家庭は多いです。
そこから年齢が上がるに連れて徐々に金額を大きくして、小学校の低学年では1,000円から3,000円ほど、高学年で3,000円から5,000円ほどの額をあげる家庭が多いです。
さらに学年が進み、中学生になると5,000円前後、中学3年生や高校生になると1万円の金額をあげる家庭も多いです。

やはり中学生や高校生になるとほしいものも増えてきます。
そのためお年玉でもらったお金で買い物をしたいという子も増えます。
使いすぎは良くないため、貯金もしっかりしつつ遊びにも使える金額ということで、上記のような額をあげる家庭が多くなっています。

また、金額を急に上げすぎないことも大切です。
一度あげてしまうと金額が変わらなかったり下がった時に、子供が不安を持ちやすくなります。
そのため、徐々にあげていくようにすると、子供の満足度を保ったまま、あなたの懐も大きなダメージを受けずに済みます。

お年玉のポイントを押さえて、良い新年を

以上、お年玉のポイントをご紹介しました。
あげる年齢と金額についてチェックしておけば、お年玉をしっかりとあげることができるはずです。
ぜひ今回のポイントを押さえて良い新年を迎えてほしいと思います。

お返しに添える手紙の書き方

プレゼントのお返しの手紙を書こう

誰かからプレゼントをもらった時にはお礼の手紙を書くと好印象です。
お礼の手紙はもらうとプレゼントした方もとても嬉しくなり、お互いに良い形でプレゼントを終えることができます。

ですが、お返しの手紙には書き方もあります。
ここでは書き方のコツやポイントについてご紹介します。
きちんとポイントを押さえた書き方をするとより効果的に相手の方に感謝の気持ちを伝えることができるので、ぜひチェックしてみてほしいと思います。

プレゼントのお返しの手紙の書き方のポイント

プレゼントの書き方のポイントも最も大切なことは、あなたの普段使い慣れている言葉を使って書くということです。
かしこまって固いフレーズで書き連ねる方もいますが、これでは感謝の気持ちが逆に伝わりにくくなってしまいます。
それよりも変にかしこまることなく、あなたの気持ちを素直に書いたメッセージの方が、相手の方にもしっかりと響きます。

テクニックというよりも心の持ち方のような話ですが、基本であり最も大切なことなのです。
逆に感謝の気持ちとプレゼントをしてくれた人との日常を思い浮かべて手紙を書くだけでも、十分良い内容に仕上げることができます。

書き方としては、いつもお世話になっております、のような定番のフレーズから始まり、あなたの感謝の気持ちを伝える文章を続けていくとスムーズに書いていくことができます。
また、より近い距離感の友人などには、丁寧語でなくても良いかもしれません。
ありがとう、や、~してくれてありがとうのような形で書いても、それほど失礼に当たることはありません。

また、お礼の手紙が遅れてしまった時は最初にひとこと書いておくと良いでしょう。
もっと早くお礼ができれば良かったのですが、というひとことを添えておくだけでも丁寧な印象が伝わります。
逆にお礼を送らないことが最も良くないと言えます。

やはり感謝の気持ちを伝える手紙はいつもらっても嬉しいものです。
遅れて気まずいから手紙を出すのをやめておくよりも、少し遅れても良いので出すようにすることをおすすめします。

また、光栄です、いつも感謝しています、というフレーズも効果的です。
これらは定番のフレーズではありますが、やはり多くの方に好印象を持ってもらいやすいフレーズです。
上手く手紙の中に取り入れていくことであなたの手紙の内容もよりアップさせることができるので、ぜひ活用をおすすめします。
いつも感謝しています、は手紙の最後の方で書くようにすると良いでしょう。

色々な場面の手紙に使える

このようにお礼の手紙の書き方にはポイントがあります。
こうしたポイントを押さえて手紙を書いて、相手の方に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

子供向けの贈り物

子ども向けの贈り物をする時に気を付けたいポイント

子供に贈り物をあげる時には子供が喜んでくれるプレゼントをあげたいものですよね。
ですが、子供には何をあげても良いという訳ではなく、気をつけておきたいポイントもあります。
ここでは子供にプレゼントをあげる時に気をつけておきたいポイントをご紹介します。

年齢別に気を付けるべきポイントは異なるので、参考にしてみてほしいと思います。
子供はプレゼントがとても好きなので、ぜひ喜んでもらえるものをプレゼントしてあげてほしいと思います。

年齢別の贈り物で気を付けたいポイント

まずは赤ちゃんの年齢で気をつけるポイントは、丸みがあり、飲み込まない大きさのおもちゃなどです。
小さいものは間違って飲み込んでしまう恐れがあるので、必ず口に入り切らないような大きさのおもちゃにしましょう。
大きなぬいぐるみなどはとても適しており、ふわふわとしているので危険が少なく、口に入ることもありません。
また、遊び道具として子供もとても気に入ってくれることが多いです。

段々と物心がついてきたら、遊べつつも子供の教育にも役立つおもちゃもおすすめです。
最近のおもちゃはとても考えられており、遊びながらも頭も回転させることができるおもちゃなどもあります。
こうしたもので遊んでいると知らず知らずのうちに頭の良い子供に育っていくのでおすすめです。
また、親子で遊べるのも大きなポイントで、休日などは一緒に楽しく遊ぶことができますよ。

小学生の年齢になってくると子供もしっかり物心がついてきます。
ここまでくると子供の好みも徐々にはっきりしてくるので、その都度好きなものを聞いてプレゼントしてあげると良いでしょう。
ただし、ゲームは気を付ける必要があります。
あまり遊ばせすぎてしまうと視力低下などの原因になることもあるので、時間を約束させるなどしてプレゼントしてあげましょう。

贈り物の例をご紹介

ここからはおすすめの贈り物の例をご紹介します。
まずはぬいぐるみです。
大きめのぬいぐるみは子供もかわいいと喜んでくれることも多く、さらに危険も少ないのでおすすめです。
特に女の子は好きな子が多いですが、男の子でも人気アニメのキャラクターのぬいぐるみなどは喜んでくれることが多いです。

ブロックのおもちゃもおすすめです。
頭を働かせることで遊びながらもしっかりと今後に役立つ力を身に付けることができます。
小さいうちは飲み込む可能性があるため、少し大きくなってからが良いでしょう。

洋服も女の子にはおすすめです。
段々とお洒落をしたいという気持ちも出てくるようになるので、プレゼントしてあげると喜んでくれます。
子供の好みも考慮しながらプレゼントを選んでみてくださいね。