ホワイトデーのプレゼント

ホワイトデーにはプレゼントを

バレンタインデーの後の3月の大きなイベントと言えばホワイトデーです。
男性が女性にプレゼントをするイベントで、女性はお返しを楽しみにしている方も多いと思います。
ホワイトデーには男性は何をあげようか迷う方もいるかもしれませんが、相手の方のことを考えて選ぶことが大切です。

ここではホワイトデーの豆知識と、あげると喜んでもらいやすいプレゼントについてご紹介します。
参考にしてあなたも良いホワイトデーを過ごしてほしいと思います。

ホワイトデーのプレゼントは相手に合わせることがポイント

ホワイトデーと言えばクッキーというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、ホワイトデーのプレゼントはあくまでもバレンタインのお返しで、あまりしっかり決まっているものではありません。
また、女性もやはりプレゼントはもらって嬉しいものなので、クッキー以外でより嬉しくなるものがあれば、それをプレゼントしても良いのです。

そのため、あげる相手の方に合わせてホワイトデーのプレゼントは変えることをおすすめします。
相手の方が義理チョコをくれたのなら、クッキーなどのスイーツをあげるとちょっとしたプレゼントとして喜んでくれるはずです。
ここで逆に高額なプレゼントをあげてしまうと、ちょっと重たく捉えられてしまうので、軽めの方が喜ばれます。

逆に大切な女性へのホワイトデーのプレゼントの場合は、こだわったものを選んであげると良いでしょう。
ある程度費用をかけてプレゼントすれば、女性もとても喜んでくれるはずです。

最近はホワイトデーのプレゼントもさらに幅広くなっています。
人気の中心はやはりスイーツや紅茶などですが、その他にもワインなども人気です。
お洒落で上品な雰囲気があり、女性は好きな方も多いので、特別感のあるワインをプレゼントしてあげるのもおすすめです。
また、スイーツの中でも特にプレゼントとして人気なのが有名ブランドのスイーツです。
女性はこうしたスイーツのブランドも詳しい方が多いので、チェックしてプレゼントしてあげることで喜んでもらうことができます。

ホワイトデーの予算はバレンタインデーが前にあるので、それと同程度、もしくは少し高めのものをプレゼントしてあげると良いでしょう。
どんなプレゼントをあげるにしても、やはり気持ちがとても大切です。
気持ちを込めてプレゼントすれば、相手の方もきっと喜んでくれるはずですよ。

ホワイトデーを楽しく過ごそう

以上、ホワイトデーの豆知識や喜んでもらえるプレゼントをご紹介しました。
ぜひポイントを押さえて、ホワイトデーを楽しく過ごしてほしいと思います。
単純にクッキーをあげれば良いと考えるのではなく、女性の気持ちを考えてプレゼントすることが大切ですね。

バレンタインデーの由来について

バレンタインの由来をご存知ですか

バレンタインは2月の大きなイベントとして毎年盛り上がっています。
最近では女性から大切な男性に贈るだけでなく、自分へのご褒美としてチョコを購入したり、友達にもチョコをあげる方も増えており、ますますバレンタインは多様化しています。

バレンタインは元々の由来があります。
その歴史はとても古く、なんと3世紀まで遡ります。
ここではバレンタインデーの由来についてご紹介したいと思います。
由来を知ることで、あなたもさらにバレンタインデーを楽しむことができますよ。

バレンタインデーの由来を解説

バレンタインデーの由来は3世紀まで遡りますが、場所はローマです。
ローマではこの時代は男女の結婚が禁止されていました。
なぜ禁止されていたかというと、戦争があったためです。
戦争が始まる前に結婚していると戦争に行くのが嫌で逃げ出す男性が多くいました。
そのため、結婚を禁止にすることで戦争に集中させていたのです。

ここで登場したのがキリスト教です。
戦争のために禁止されていたとは言え、やはり若い男女は結婚したくなるカップルも出てきます。
こうした様子を見たキリスト教徒のバレンタインは、法律を破ってカップルの結婚式を密かに執り行っていました。
これが皇帝に見つかってしまい、バレンタインは処刑されてしまったのです。
そして、その処刑された日が現在のバレンタインデーとなっている2月14日なのです。

そこから時間が流れて200年が経ちます。
時代は変わり、この頃のローマでは2月14日に現在の日本でもあるような出会いのイベントが行われていました。
くじ引きで男女のカップルを成立させるというものでしたが、世の中が乱れることに不安を感じたキリスト教は、このイベントを廃止することを決めます。
そして代わりに、かつてカップルの結婚のために活躍したバレンタインを祭る日として決めるようになりました。

そして、恋人たちは2月14日にプレゼントをし合うようになりました。
このスタイルが現在のバレンタインデーの起源となっています。
ローマで始まったバレンタインデーですが、徐々に多くの方に広まるようになり、それは世界各国にも広まるようになりました。

日本に入ってきたのはずっと後で、1970年代まで時間が経ちます。
1950年代頃からお菓子を作っている会社が登場しており、よりお菓子を普及させるためにバレンタインデーに注目しました。
そして、日本でも広まるようになったのです。

バレンタインデーを楽しもう

このようにバレンタインデーは実は深い由来があるのです。
こうした由来も知ってからバレンタインデーを迎えてみると、また違った気持ちが湧いてくるはずです。
ぜひ今後のバレンタインデーも、楽しく過ごしてくださいね。

お年玉は何歳からいくらあげたら良いのか

お年玉を何歳からあげるのか

新年になるとやってくるもの、それは新しい年だけではありません。
子供にあげるお年玉もやってきます。
子供の頃はもらってとても嬉しいものでしたが、大人になると今度はあげる側になります。
お年玉をあげるタイミングが近づいてくると、一体何歳からあげれば良いのだろうと迷う方もいるかもしれません。

今回はお年玉を何歳からあげれば良いのか、また、金額はいくらくらいにすれば良いのかをご紹介します。
これであなたもお年玉をしっかりあげられるようになりますよ。

お年玉をあげる年齢と金額について

お年玉をあげる年齢ですが、小学校への入学をあげるタイミングにしている家庭は多いです。
小学生になると子供もひとつ階段を上ったようなイメージがあり、節目として最適と考える方が多いです。
また、兄弟の場合は上の子が小学校に入学したタイミングであげると良いでしょう。

上の子は不公平と感じることがあるかもしれませんが、お兄さんやお姉さんなのだからそこは多めに見てあげてねと伝えれば納得してくれることも多いはずです。
また、家庭によっては幼稚園の頃からお年玉をあげる家庭もあります。
ここはそれぞれの判断で決めて良く、お年玉は何歳からという決まりはありません。
あなたの中で幼稚園からあげた方が良いと思えば、そのタイミングからあげるのもおすすめです。

また、あげる金額ですが、幼稚園の頃は500円ほどのワンコインにしておく家庭は多いです。
そこから年齢が上がるに連れて徐々に金額を大きくして、小学校の低学年では1,000円から3,000円ほど、高学年で3,000円から5,000円ほどの額をあげる家庭が多いです。
さらに学年が進み、中学生になると5,000円前後、中学3年生や高校生になると1万円の金額をあげる家庭も多いです。

やはり中学生や高校生になるとほしいものも増えてきます。
そのためお年玉でもらったお金で買い物をしたいという子も増えます。
使いすぎは良くないため、貯金もしっかりしつつ遊びにも使える金額ということで、上記のような額をあげる家庭が多くなっています。

また、金額を急に上げすぎないことも大切です。
一度あげてしまうと金額が変わらなかったり下がった時に、子供が不安を持ちやすくなります。
そのため、徐々にあげていくようにすると、子供の満足度を保ったまま、あなたの懐も大きなダメージを受けずに済みます。

お年玉のポイントを押さえて、良い新年を

以上、お年玉のポイントをご紹介しました。
あげる年齢と金額についてチェックしておけば、お年玉をしっかりとあげることができるはずです。
ぜひ今回のポイントを押さえて良い新年を迎えてほしいと思います。