大切な人に送りたい出産祝い

出産祝いでいただいたもの

私自身も1児の母ですが、やはり出産祝いで戴いた物は、全部覚えています。
それほど出産というのは自分にとって大きな出来事でしたし、無事に生まれてきてくれた
赤ちゃんに戴いたプレゼントはどんなものでも思い入れがあるものです。
私が実際に戴いた出産祝いで嬉しかったものをピックアップしていきたいと思います。

【高級ブランドの子供服】
これは、自分ではめったに買わないものですし、すぐにサイズアウトしてしまうものだからこそ、
高級ブランドの服はもったいなくて買えなかったりします。
よそいき用の一張羅としてお出かけ用でたくさん使いました。

【80~90サイズの服】
1歳過ぎにやっと着せれるサイズなのですが、
戴いて一年くらいして使えるモノがあるのはありがたいと感じました!
あのとき戴いて大きいなと感じてたものが着れるようになったのか~
なんて実感もわくものです。

【室内用の乗り物】
私は海外製のキャスターが付いているてんとうむしの乗り物を戴きました。
値段も結構高いのですが、同級生がお金を出し合ってプレゼントしてくれました。
1歳半位から乗れるようなのですが、はいはいしているころから手で押してみたりして遊んだり、
乗れるようになったころはプレゼントしてくれたみんなに乗った時の写メールを送ったところ、
乗れるようになったんだねーと喜んでくれたのです。

【少し大きめの水着】
海やプールにわざわざ行かなくても、夏の猛暑で水浴びする時などに大活躍!
庭や公園でよく使うので本当に助かりました。
しかも我が家の場合、男の子だったので戴いた
100サイズの水着は3シーズンも使うことができました。

【アルバム】
写真は知らず知らずのうちにたまっていくものなので、かわいらしいアルバムは嬉しいです。
また、私が戴いたのはぺりぺりっと貼れるタイプのフィルムのアルバムだったので、
生まれる前に病院でもらったエコー写真をレイアウトして貼りました。
文字を入れたりできますし、育児中の今しかできない手の込んだ手作りのアルバムを
作るきっかけになったのは良かったです。

そして、私が今まで送った出産祝いで喜ばれたものは、
【少し大きめサイズのパジャマ】です。
普段着る服は、ママの好みや好きなファッション系統もあるので
仲の良い良く知る友人にしかプレゼントしたことがありません。

しかしパジャマは種類が少ないうえに、
ブランド物のものなら上質でデザインも可愛いものが多いのでオススメです!

ママへのプレゼントも喜ばれる

自分にとって大切な人に送るときは特に、赤ちゃんだけでなく、
出産を頑張ったママに必ず【ママ専用のプレゼント】を送るようにしています。

特に、出産してこれから育児を頑張るママは自分にかける時間も少なくなってしまいます。
だからこそ美容系のグッズやアロマなどのリラックスグッズなどで
自分磨きが出来るようなアイテムを送っているのです。
これは実際に私が貰って本当にうれしかったからなのです。

出産して私にまでプレゼントをくれたのは、本当に仲の良い友達だったので、
私も同じように大切な人には送るようにしています。
小さな心遣いとして、第2子第3子を出産した時の出産祝いには、
その兄弟に、【お兄ちゃんお姉ちゃんになった祝い】も送ります。

高額なものでなくても、自分にも目を向けてもらえる!という気持ちが芽生えますし、
ママと一緒に赤ちゃんのお世話しようね~などというと
張り切って育児に協力してくれるようです。
高額なものでなくても、なぜそれを選んだのか、
という送る方の気持ちが伝わるものがいいなと思います!

出産祝いのこと

意外とかぶる出産祝い

私の周りは今空前の出産ブームです。
今30歳なのでちょうど結婚出産が多いときなのかもしれませんが。
私は20代の前半に1人目の子の出産を終えているのでかなり遠い記憶なのですが

友人達は私の出産をとても喜んでくれて沢山のお祝いを貰いました。
だから今はそのお祝いをお返しする時でもあるので正直大変です。
私が出産した時は洋服を頂くことが多かったかなと思います。
ですが1度も着ないでサイズアウトしてしまった洋服も沢山ありました。

特に帽子とミトンのセットなどは活用する機会がほとんどありませんでした。
なぜなら娘は5月生まれでミトンやベビーの帽子をかぶる機会はほとんど無かったからです。
出来れば1歳位で着られるお洋服が頂く側にとっては良いのかなと思ったりもしました。

そしておもちゃなども沢山頂いたのですが同じものを2つ頂いたりもして
使い道にこまり親戚の子にあげたりしたこともありました。
でも出産祝いにはプレゼントしてくれた人の温かい気持ちが詰まっているので
大切にさせて頂きました。

もらって嬉しかったお祝い

いざ自分が出産祝いを贈る立場になると色々考えてしまうのが現実です。
ギフトカードなどが好きなものを買ってもらえるから良いかなと
思ってみたりして贈ったこともありますが何か味気なかったりもして・・・。
そして自分が頂いた出産祝いで嬉しかったものを思い出したみたのです。
もちろん現金でのお祝いが嬉しかったのは言うまでもありませんが
友人へ贈るにはちょっとという感じがして。

案外嬉しかったのが名入れのギフトだったのです。
自分では購入しないものなので、喜びもひとしお。
特に実用的なタオルのセットは赤ちゃんが居るとバスタオルを
持ち歩いたりする機会が増えるのでありがたく感じました。
名入りの食器セットもお友達が来たときに可愛いと喜んで貰えました。

そして私が最近友人に送る出産祝いで一番おすすめのギフトなのがおむつケーキなのです。
以前は贈られてもちょっとと思う人も居たようですが今は
色々進化していて人気のギフトのようです。

おむつも1枚1枚梱包されているので清潔だから安心して使用することが出来ます。
少しの間飾っておけるようにオムツは少し大きめのSサイズやMサイズを贈るようにしています。
そして私はオムツケーキに名入れのタオルがセットされているものな人気のサッシーなどの
おもちゃがセットになっているものなどを贈るようにしています。
おむつだけだと味気ないので。

贈った友人達はおむつケーキ初めて貰ったと言って喜んでくれる人ばかりです。
皆珍しがって喜んでくれます。
出産した人のご両親なども物珍しいのか喜んでくれることが多いです。
送って喜んでもらえるものを探すのは難しいですが私が最近おすすめのおむつケーキは
誰もが使用するおむつで出来ているので必ず喜んでもらえること間違いなしの
出産祝いだと思います。
お値段にあわせた商品を作ってくれるのでおすすめのお祝いです。

おすすめの出産のお祝いギフト

私を含め、私の友達はかなり出産に対して遅れをとっていて、
出産祝いをあげるとなるといつも何をあげれば良いのか分からなかったのですが、
この度自分が出産をし、初めて色々気づく事が出来ました。

私が思うおすすめの出産祝いのギフトをいくつか紹介したいと思います。
まず、出産のお祝いでもらって本音で一番嬉しいもの。
それはやっぱり現金、になってしまいますが、それでは少し寂しいものがありますよね。
品物の方が、使う度にあの人に貰ったものだと思い返すことが出来ます。
また、本人に希望を聞くのが、現金の次にいいですが、
もし送り手が決めたいという場合に参考にして頂ければと思います。

スタイ、タオル

一番多く頂くのが、スタイです。
確かにこれはよだれが出るようになれば、
いくらあっても足りないくらい必要ですので貰って迷惑ということはけっしてありません。
あとはママの趣味なんかは関係しますが、
それもよだれ期にはそんなこと言ってられなくなります。
自分では買うには少し高い、オーガニックコットンのものや、名前入りのものなど嬉しかったです。
それから、スタイとおなじくらいひつようなのが、タオルです。
小さい物からお風呂上がりのバスタオルまで。
こちらもオーガニックや、名前を入れる事は可能です。
これもありがたかったです。

チェアやゆりかご

私が一番おすすめなのは、STOKKEのハイチェアです。
北欧の物なのでおしゃれでそしてとても丈夫で大きくなっても使えるとてもいい品物です。
ただ、一人で買うにはお値段が高いので、何人かで共同で送るのがおすすめです。
まだ生まれたばかりの赤ちゃんは使えませんので、まだご両親もそろえてない物になりますね。
それから、同じくおすすめなのが、コンビのスイングです。

自動ゆりかごですね。
いくらかわいい赤ちゃんでも、ママはずっと抱っこする訳には行きませんから。
これは、ハイチェアよりまたお値段はしますので、共同で送るのが良いと思います。
次に、実用的ではありませんがね願いがこもったものとして、
ファーストシューズを頂いたのも嬉しかったです。

とってもハイブランドのもので名前を入れてもらったものですが、ある地方では、
親戚以外の人からファーストシューズを送られると、
「足腰の丈夫な健康な子供に育つ」と言われているそうです。
まだ、歩けませんが、出かける時はメリハリを付ける意味でも履かせています。

ブランケットはかぶることが多い

最後に、悪くはありませんが、ブランケットはみなさんから頂いてカブリます。
スタイやタオルのように、そんなに何枚も必要なものではないので、
外用と家用があれば(季節によって厚い薄いはありますが)十分かなと思うので、
避けたほうが良いかもしれませんね。
私個人的には、希望を聞いてもらったので、
抱っこひもやおもちゃなど欲しい物を頂いて本当にありがたかったです。
出産は、とくに初めての場合はそろえる物がおおくて出費が重なりますし、
新しい命の誕生を祝うものですから、なるべく希望にそった物を差し上げたいですよね。