Articles By SLgif7uK

不要になった品物を欲しいだれかに譲れる giftel

自宅に眠っているものを捨てずに誰かに譲れるアプリサービス

giftelは東京都港区の会社が運営しているアプリサービスで、自宅で眠っている不用品を捨てるのではなく、誰かに活用してもらえる機会を提供する場となっています。
新品を買ってみたものの、実際には使っていなくて持てあましている、家にあるものが多くなってきたので、整理したいと思っているという人にぴったりのサービスです。

不要になった品物を、他の必要とする誰かに無料でゆずることができるというのがアプリの趣旨で、捨てるのがもったいないと感じている人にとてもうれしい内容です。
もらう側も、無料で不用品を手に入れられることになりますので、処分する側、受け取る側どちらにもメリットがあると言えるでしょう。

抽選でもらえる仕組みになっていてちょっと楽しい

giftelの仕組みは、欲しいものがあったら応募して当たったらもらえるという形になっています。
まず、出品者は不要になったものを、説明と写真付きでアプリにアップします。
そのアップされたアイテムをチェックして、欲しいと思ったら「ほしい」ボタンを押します。

すると、応募した人の中から抽選で自動的にもらえる人が決まり、通知が来ます。
その後、譲り先の人と渡す人の間で連絡ができるようになって、受け渡し方法を当人同士で決めることになります。
受け渡し方法としては、双方の事情に合わせて元払いと着払い、そして手渡しの3つの中から選べるようになっています。

すべてのアイテムは無料で譲られるということもあって、オークションのように入札した金額で決まってしまうのではなく、抽選でランダムに決まるという仕組みになっているのがgiftelの特徴です。
欲しいものに応募して、抽選で当たるかどうかというのを待つ楽しみもあって、半分ワクワクしながらアプリサービスを使えるのが良いところです。

掘り出し物が出てくるものもあって病み付きになってしまう

このように、giftelはあくまでも不用品を無駄にしないために、譲り合うという精神で成っているアプリサービスです。
そのため、捨てるのはもったいないけど、売るほどの物ではないという、手軽なアイテムが出品されることが多い傾向にあります。

しかし、珍しいアイテムや高価なものなど、時には「おっ!」とびっくりしてしまうような掘り出し物が出品されることもあります。
こうした注目アイテムについては、giftelのFacebookでピックアップされることもあって、一気に応募者が殺到することもあります。
このような掘り出し物を目当てにアプリを定期的にチェックするのも楽しく、ついつい病み付きになってしまう人もいるほどです。

フォトギフトカレンダーが簡単に贈れる OKURU

大事な写真をカレンダーにしてプレゼント

たくさんの思い出は写真にして残っているものですが、それをさらにプレゼントという形にして大事な人に贈るのはいかがでしょうか。
そんなプレゼントの提案をしているのが、「OKURU」のフォトギフトサービスです。

スマホなどに入っている写真をフォトカレンダーにして贈れるというのが、このOKURUのサービスで、大事な思い出を形にして共有することができます。
富士フイルムの工場で写真印刷をしているため、非常に高品質の出来上がりとなって、まさにプロ仕様のカレンダーができますので、ちょっとしたスナップ写真から素晴らしいフォトカレンダーができあがります。

最近は自分でもプリンターとアプリを使ってフォトカレンダーを作れるようになっていますが、やはりプロに依頼するとでき上がりの質がかなり違います。

いろいろなデザインのカレンダーを作れる

OKURUでは、いろいろなデザインのカレンダーを作ることができて、好みに合わせた形を取ることができます。
たとえば、よくあるA3サイズの壁掛け式のカレンダーや、棚やテーブルの上に立てかけることができるスタンドタイプがあります。
他にも、手のひらにおさまるコンパクトなサイズのボックスタイプのカレンダー、クリアケースに入った自立タイプのもの、A4シートタイプなど、合計で5種類のデザインが用意されています。

こうした異なるタイプのカレンダーは、アプリで簡単に作れるのでとても楽です。
あらかじめ用意されているデザインテンプレートから選んで、スマホなどの中に入っている写真を選択して入れ込んでいけばできあがります。
プレゼントするタイミングに合わせて、カレンダーが始まる月を変えられるので、より長く使ってもらえるカレンダーにすることもできます。

通常のプレゼントと一緒にフォトギフトを贈ることもできる

OKURUでは、こうしたフォトカレンダーがメインのプレゼントとなっていますが、他にも通常のアイテムと一緒に写真を贈れるというサービスも行っています。
OKURUが用意しているたくさんの種類のギフトの中から好きなものを選んで、それと一緒にフォトギフトを贈れるのです。
ちょっと写真だけではさみしいと思うのであれば、他に一品アイテムを贈るのもいいでしょう。

たくさんの品物の選択肢がありますので、相手の好みに合わせやすいのがメリットです。
もし、写真にまつわるようなアイテムがあるようであれば、それを贈ればより気持ちが伝わりやすくなります。
OKURUでは、お花や雑貨、旅行、グルメなど異なるジャンルのアイテムを用意していて、予算も幅が広いのでぴったりのプレゼントを見つけられるでしょう。

かわいいお花を手軽にお届け FLOWER

定期的に季節にあったかわいい花を自宅まで届けてくれるアプリ

気持ちを伝える贈り物の定番として選ばれるのがお花です。
いろいろなシーンに使うことができますし、花の選び方によって異なる気持ちを伝えることもできます。

こうしたことから、お花を贈るというサービスはたくさんの会社が参入しています。
その中でもユニークなサービスを展開しているのが、「FLOWER」というアプリです。

このFLOWERは、隔週で季節に合った異なる花を届けるというアプリサービスで、定期便という形で贈れるのが大きな特徴となっています。
もちろん、自宅やオフィスなど自分用に利用している人も多いのですが、プレゼントとして届けるというのも人気のあるアプリの利用法となっています。

花は一輪から届けることができる

送り先を登録して申し込めば、二週間に一回とちょっと緩めの頻度でお花を届けてくれるFLOWERのサービスは、自由度が高いのが特徴です。
お花は一輪から届けることができて、好きなボリュームに指定することができます。
プロが作るかわいらしいブーケにすることもできますので、相手の好みに合わせて贈れるのがうれしいところです

贈る花はおしゃれに飾ることができるものを厳選していて、色やサイズにこだわっています。
また、茎を飾りやすい長さにしてあらかじめカットしていますので、もらった人は何もする必要がなく、そのまま花器に飾るだけでいいというのも便利な点です。
新鮮でカットされたばかりのお花を送ってくれますので、長持ちするというのもFLOWERのメリットです。

専用ボックスで配送してくれる

ギフト用のお花は、FLOWER専用のギフトボックスを使って配送してくれます。
この専用ボックスは花の鮮度を保つための加工がなされていますので、自宅まで元気な状態で届けることができるのがメリットです。

さらに、住宅の郵便受けに入れられるコンパクトサイズとなっていますので、相手が不在であっても投函していけるというのもポイントです。
せっかくのお花のプレゼントが来ているのに、家にいないため受け取れないという心配を相手にさせることもありません。
家に帰ってきたらすぐにプレゼントを見ることができるのです。

お花と一緒に、センスの良いおしゃれな花器も同時に贈ることができますので、セットにしてプレゼントするのもありです。
この花器に合わせてお花を選んだり、カットしたりしていますので、よりおしゃれに飾れるというのもポイントです。

このように、FLOWERはより便利で使いやすいギフトサービスを展開しています。
お花好きの人への最高のプレゼントを定期的にすることができる、とてもユニークなサービスですのでぜひとも使ってみたいものです。