結婚あいさつで持参する手土産の選び方とマナー

選び方のポイント

結婚が決まったらまず最初にすべきこととして、お互いの家庭への挨拶があります。
結婚するかどうかの判断はあくまでも2人で決定すべきことですが、実際に結婚ということになると、その後親戚づきあいをしていく必要があるものです。

一般的な順番としてはまず女性側の実家に2人で行って男性が挨拶をし、それから男性の実家に行って挨拶をします。
ただしこの順番はお互いの実家の距離やそれまでの付き合いの流れもありますので、必ずそうしなければいけないということはありません。

この女性・男性の実家に行くとき、それぞれに持ち寄るのが手土産です。
手土産はあくまでも挨拶をするときの気遣いとして渡すものであり、それ自体が訪問の目的ではありません。

ですのであまり高価すぎるものではなく、相場くらいにおさまる金額のものを選ぶのがよいでしょう。
手土産の相場としてはだいたい5千円くらいまでとなっており、お菓子や食品など記念品というよりも、心付けというふうに考えておいた方がよいでしょう。

マナー、注意点

手土産として持って行く品物全般に言えることですが、基本的には生物ではなく日持ちするものを選ぶほうが無難です。
クリームや青果を使ったスイーツや寿司などの生鮮食品は持ち運ぶタイミングで傷んでしまったり、渡してすぐに消費期限となってしまうのであまり歓迎されません。

また、それぞれの実家のすぐ近くで購入したということがわかるような品物もできれば避けた方がよいでしょう。
あまりにも手近な手土産を持って行くと、印象的に「ついさっき間に合わせで買ったな」というような、いい加減な印象になってしまうからです。

多少面倒であっても、結婚の挨拶に持って行く手土産は少し離れた地域の名産品や有名菓子店のものなどを選ぶようにして、訪れるために気を使って選んだということが分かってもらえるようにすることが大切です。

よりよい印象を相手に与えるためのコツとしては、地元が遠方にあるという場合は、それぞれの地域の特産品を持って行くという方法があります。
これは自分たちの地域の良さを知ってもらうということと、結婚後によい実家づきあいができるということを示す効果につながります。

それといくら手土産をよいものにしても、根本的なマナーや身だしなみがなっていなければ全く意味がありません。
まずは当日に着ていく服装などをしっかりと確認して、好印象を持ってもらえるように気を遣っていきましょう。

手渡すタイミングとしては、まず最初に通された時に挨拶の前に手渡すのがよいとされています。
挨拶をした後にその場で会食といった流れになることもよくありますので、あまりいつまでも手元に置いておかず、早めに相手に差し出しましょう。

祝電の書き方や送り方のマナーを理解しよう

祝電とは

結婚式や入学式、卒業式など大きな御祝の席で読み上げられることがあるのが祝電です。

電話やFAX、メールなど複数の連絡手段がある現代に、わざわざ短い文章の手紙として読み上げる祝電という形式は非効率なもののように思います。
ですが「祝電」として改めて言葉を送ることにより、相手への祝福などのメッセージをきちんと正式なものとして伝えることができます。

まず電報の歴史ですが、これは明治時代にまでさかのぼります。
日本国内において遠距離への連絡手段として最初に普及したのがモールス信号であったことが起源となっており、その内容を手書きにして渡すという方法で伝達をしていました。

日本の電報サービスが開始されたのは1869年(明治2年)からのことで、東京~横浜間から次第に全国へと広がっていきました。
導入開始間もない頃の電報は、まず郵便局に行きそこで紙にカタカナでメッセージを書き、それを職員が代行して送るという方法をとっていました。

その後大正時代にはタイプライターによる入力となり、昭和に入ると写真電報などといった形式が登場していき、より便利に電報が使われるようになっていったのです。

今も使用されるフレーズの有名なものとして、受験に合格したことを知らせる「サクラサク」という言葉がありますが、これは短い言葉で端的に内容を伝えるものとして広く使用されてきたことの名残です。
現代では祝電サービスもかなり進化しており、電話だけでなくスマホからでも簡単に依頼できるようになっています。

祝電の送り方、書き方、マナー

初めて祝電を利用するなら、電話で局番なしの115から電報の受付オペレーターに繋がります。
電話を利用する場合、どういった電報サービスがあるかを丁寧に説明してもらえるので、初めて利用する場合には最適と言えます。

もしくはWebサイトから申し込みをすることで希望に近い祝電を探して申し込むこともできるので、どちらかやりやすい方から行うとよいでしょう。

電報は送った瞬間に相手に届くメールのようなものではなく、きちんと印刷物として作成された状態で相手方に郵送されることになります。

ですので、申し込みをするタイミングにより到着までの時間が異なってしまいます。
どのタイプの祝電ならどれくらいの時間がかかるかということは申込みフォームなどから確認できるので、そちらもしっかり考えて頼むようにしましょう。

電報として送る文面は自分で完全に考えなくても、あらかじめ決まっている文言から選んで依頼するということもできます。
結婚祝いなど、忌み言葉に気を使わないといけない席で使用する電報の場合は、そうしたテンプレートを利用するのが便利です。

退職者へ贈る餞別(せんべつ)の意味と相場

餞別とは

餞別は「餞別にくれてやる」など、その人と別れる時に使われる表現として使われることがよくあります。
具体的には餞別は、会社を退職したり、転居や転勤となったとき、または旅行や留学などで一時的にその場を離れることになる人に対して向けられる贈り物のことを言います。

「餞別にくれてやる」というのは乱暴な言葉ですのであまりよい意味ではありませんが、本来的な意味としてはこれから新しい環境に赴いていく人に対して、ちょっとした助けになるようにという心付けとして位置づけられています。

もともと「餞別」という言葉は「餞(はなむけ)」という言葉からできたもので、これは金品や食品、記念品の他、詩歌などを送ったと言われています。
現代では「餞別」という言葉が主に用いられるのは社内で知り合った人が退職や転勤でそこからいなくなる時が最も多く、送別会の席で残る人員から集めた金銭で品物を買ったり、現金そのものを送ったりする時に言われます。

餞別として贈られる品物や金額についてはそれぞれの環境や人間関係、シチュエーションなどにより異なりますが、代表的な上司の退職や転勤の時にはだいたい5千円~2万円程度、同僚ならば3千円~1万円くらいが相場とされています。

餞別を贈る際のマナー、注意点

餞別の品として送る場合には熨斗や水引きをつけて送るようにします。
基本的には紅白の蝶結びのものを用い、表書きには「御餞別」といった文字を書きます。

またはより関係性を明確に「祝定年退職」などといったように記載をすることも正しいマナーとなっています。
定年退職をする目上の上司・先輩の場合は「御餞別」という言葉が失礼に当たることもありますので、「御礼」や「御祝」といった言葉にしておいた方が無難でしょう。

最近ではあまり意識されないようですが、旅行に出かけようとする人に対しても餞別としていくらか包むこともよくあります。
新婚旅行など海外にある程度まとまった日数で出かける人にも餞別を送るのがよいとされており、その場合は渡航先で楽しんでくれるようにといった気持ちを込めて送ることになります。

無理強いというわけではありませんが、先に餞別としていくらかまとまった金額を相手に渡しておくことで、旅行先から戻った時にそのお返しにお土産を渡すというような方法が取られています。

旅行や留学に行く人への餞別の場合は現金を送るのが一般的ですが、目的が明確になっている人ならば実用的な用具を送るというのもよい方法です。
ただしあまりにも高価な餞別を先に送ってしまうと、相手も旅行先で高価なお土産を購入しなくてはいけないというプレッシャーになってしまいますので、高くても2万円程度にとどめておくのがマナーです。