陣中見舞いの相場やマナーについて

陣中見舞いとは

何か目標を持って努力をしている人に対して、それを応援したりねぎらったりする意味で送るのが陣中見舞です。

陣中見舞の代表的なものとして、選挙期間中の立候補者に対してや、受験勉強中の学生に対してといったものがあります。
その他にも演劇やライブ、展示会などをこれから開催するために準備や練習をしている人たちに対して送るようなこともあり、人間関係を円滑にする一つの方法と言えるでしょう。

「陣中見舞い」という言葉そのものは、昔の戦場に食料を届けたり頑張るようにと、応援をするために訪問したりということからきています。

お歳暮やお中元のように必ずそれをしなければいけないというわけではありませんが、当事者ではなく外部から見守る立場の人間として、それに少しでも力を貸したいという気持ちを示すことができます。

陣中見舞いの品物として最も一般的なのは食べ物です。
頑張っている人に対して力をつけてもらい、目標達成まで気合を入れてもらいたいという意味を伝えるためにも、ちょっと美味しい食べ物というのはぴったりであると言えます。

特に現場仕事を大勢でやっているようなところへの贈答品の場合には、カステラやホールケーキのように切ったり食器を出したりしないといけないようなものではなく、手軽に食べられる個別包装のものの方が適しています。

またすぐにその場で食べることができないということもありますので、お菓子を送るにしても焼き菓子などの日持ちしやすいものを選んだ方がよいでしょう。

陣中見舞いをするときの相場、マナー

陣中見舞いの品物の相場ですが、その場所の人数によっても異なってきます。
受験勉強など相手が一人しかいないという場合であれば、5千円程度の品物を持っていけば十分ではないかと思います。

大勢でなにかの準備をしているという時にはきちんと数を確認して、できるだけ主要なスタッフには全員に配布できるようにしてあげる配慮が必要になります。
スポーツなど競技関係の場合は、買った場合の御祝を兼ねてお酒やおつまみなどを送るのもよい方法です。

特定の日のお弁当を仕出しするというのも陣中見舞いの方法としてはよくありますので、その場合はサプライズを狙うのではなく、きちんと事前に予定を確認しておくようにしましょう。

配布する人数がはっきり分からなかったりする場合には、花などを送る方法もあります。
特に選挙事務所などでは、コチョウランなどの高価な花を送ってあげると場も華やかになって盛り上がりますのでおすすめです。

現金を送る場合には祝儀袋を用意して「酒肴料」や「御菓子料」といった名目をつけて金額を包むようにします。
複数の人から陣中見舞を受け取る場合には記帳を求められることもありますので、連名もしくは個人名をきちんと残しておきましょう。