職場の同僚・上司へ快気祝いを選ぶ時のポイント

職場の同僚・上司へ快気祝いを選ぶ時のポイント

長く職場で仕事をしていると、体調を崩してしまうということもよくあります。
もし病気やケガなどで一時的に職場を離れるようになってしまった場合は、回復をしてから療養中にお世話になった人への御礼として「快気祝い」を送るのが常識です。

職場関係以外にも普段からお世話になっているコミュニティなどがあり、かつ療養中にお見舞いなどを受けているなら、快気祝いを手渡すようにしておきましょう。
快気祝いはお見舞金に対してのお返しという意味がありますが、それと同時に自分が回復したということを周囲に知ってもらうということも目的です。

手渡す時には元気になったということを説明するとともに、療養中に迷惑をかけたり気を使わせてしまったということへ御礼を告げるようにしましょう。

快気祝いはお返しの意味があるとは言いましたが、現金でお返しをするということはあまりありません。
品物としては、健康や元気になるということを連想するような食品などを配ることが一般的になっています。

これは自分自身が回復したということを示すと同時に、周囲にも「病気にならずに健康に過ごして欲しい」というメッセージを伝えることになるからです。
職場内で配るとしたら、日持ちしやすく配りやすい焼き菓子などのお菓子や、栄養ドリンクなどの健康を意識した飲料にするのがおすすめです。

個人的に受け取った場合は送付する

社内でも直属の上司や個人的に親しくしていた人からは、個別に見舞金を多めにいただくということもあります。
そうした場合は他のスタッフ同様にお見舞いを渡すのではなく、個別にお返しをした方がよいでしょう。

このとき社内で別途手渡すようにしてしまうと、どうしても周囲から区別をされているかのような印象になってしまうので、御礼は口頭のみで行い品物は別途配達されるというようなことを告げておきましょう。

個別に送る場合にも、品物としては健康を意識したものにするのがおすすめです。
人気の商品としては高級米セットや老舗の加工食品セット、自然食材を使ったジュースといったようなものがあります。

あまり食品が好まれないという場合には、タオルや入浴セットといったものもよく選ばれていますね。

健康ということでいけば「きき湯セット」や「洗剤セット」「オーガニック石鹸セット」といったようなものも良いでしょう。
どうしても決めることができないという場合には、金額に合わせたカタログギフトなともありますので、そうしたところから選ぶようにしてみるのもよいでしょう。

お返しとして送る場合は先に受け取った見舞金にもよりますが、一般的には3千円~5千円くらいのものが適当でしょう。

お見舞金の包み方やマナーについて

お見舞金とは

お見舞金は、知人や会社の取引先が入院された時などに持参する金品のことを言います。
入院もしくは在宅で長く治療をしなければいけないことになった場合、そこにかかる医療費はかなりのものになりますし、何よりも心理的なストレスは相当なものでしょう。

そこで、相手にとって少しでも快気に役立つように、という意味で渡すのがお見舞金です。

お見舞金は基本的には現金を包んで持って行くことが多いですが、間柄により品物として渡すこともできます。
ただ、病気の場合は何かと物入りになることが多いので、相手方から特に品物の指定がないという場合にはあまり気を回しすぎて品物を送るというのはよしておいた方がよいかもしれません。

その一方で現金として送ってしまうと相手に気を使わせてしまうということもありますので、そのあたりは相手との関係性から判断しておいてもらいたいです。

金銭の相場としては、相手が親や兄弟などの近い肉親の場合は5千円~1万円程度、知人や友人などの場合は3千円~5千円くらいが適当です。
他にも会社の関係者や近所付き合いのある人などに対して送ることがありますが、その場合は数千円程度にとどめておくようにしましょう。

正しい包み方、マナー、注意点

お見舞金のマナーとして、不吉な数字や言葉を使わないようにするということがあります。
具体的には「4」がつく数字するようなことです。

「4」は「死(し)」を連想させるため日本では嫌われがちな数字ですが、他にも「6(無:む)」「9(苦:く)」といったものもできれば避けておきたい数字とされています。
ですので金額を包む時には上記の数字を避けて、3千円、5千円、7千円、1万円といった中から渡す数字を選ぶようにしましょう。

もう一つ注意をしたいのが現金を包む時ののし袋です。
お見舞いや退院祝いでは、必ず赤白の結びきりの祝儀袋を用いるようにしましょう。

これは通常の御祝用の水引きに使用されている「蝶結び」は、「何度でも結べる」という意味があるからです。
病気の回復で蝶結びを使用するというのは、病気が何度も繰り返すかのような不吉なことになりますので、結びきりのタイプを選ぶようにしましょう。
まして葬儀の香典に使用されるような黒白のタイプの袋は絶対に用いないようにしてください。

入院中にお見舞いに行く場合には、まず先に連絡をして都合のよい時間帯を聞いておくようにします。
入院中は検査や診察など、面会ができないかもしくは肌を露出することになるタイミングがありますので、きちんと事前に確認をして時間厳守で訪れるようにします。

また病院内でのお見舞いで長居することは厳禁です。
先にお見舞いとして包みを渡し、挨拶が済んだら早めにおいとましましょう。

大切な人に送りたい快気祝いを選ぶには?

快気祝い

人に何かをプレゼントする時には、どんなモノを贈ったら喜ばれるだろうかといろいろ考えてしまいますよね。
「お誕生日のお祝い」や、「進学祝い」、「卒業祝い」、「結婚祝い」、「出産祝い」、「敬老のお祝い」、「快気祝い」など、贈り物をしたり、逆に贈り物いただいたりする機会はたくさんあります。

先日のことですが、長期の入院生活から無事に退院したわたしの友だちから、
「快気祝い」をいただきました。
その友だちからいただいたのは、「お菓子」でした。
そのいただいたお菓子というのは、わたしが大好きな人気のスイーツショップのお菓子だったのです。

友だちは病気という大変な経験をしたにもかかわらず、
わたしの好みを考えて贈り物を選んでくれたのでした。
その友だちの相手をこと思う気遣いがとてもうれしかったですね。
基本的にこの快気祝いというのは、お見舞いに来てくれた方や、
ご心配をかけた方に感謝の気持ちを表すために送るものです。
また、元気になりましたという報告もかねています。

快気祝いとして贈るモノとしてふさわしいのは、
使うとなくなるものや、後に残らないものがいいとされています。
それはなぜかというと、「病気が残らないように」という意味が込められているからなのだそうですよ。
ですから、わたしが友人からいただいたように快気祝いには、
「お菓子」や、「ジュース」などの食べ物系などがよいそうですね。

わたしの祖母の時代には、手作りの「紅白餅」や「お赤飯」などを快気祝いとして贈っていたのだそうですよ。
手作りの食べ物を贈るというのはすてきな風習だと思いますね。
現代では、このようなお赤飯を贈る風習はあまり見られませんね。
デパートなどのお店で購入したものを贈る方のほうが多いと思います。

相手が喜ぶものを

雑貨を贈るのでしたら、「タオル・ハンカチ」や、「石鹸」や、「洗剤」などの日用品がいいみたいですよ。
一般的には快気祝いにはこのようなものがふさわしいとはされていますが、
大切な人に送りたい快気祝いでしたら、
相手の喜ぶものを選択するのが一番いいのかもしれませんね。

相手が欲しかったものなどが分かっている場合には、それを贈るもアリだと思います。
喜んでくれるのであれば、「使うとなくなるもの」、「後に残らないもの」といったことに、
あまりとらわれないでもよいのではないかとわたしは思いますね。
大切なのは、自分のことを心配してくれた方たちへの感謝の気持ちが使わることなのですから。

ちなみに近年では、「カタログギフト」が人気が高くなっているようです。
カタログギフトでしたら、好きなモノを相手に選んでもらうことができますね。

食べ物系や、雑貨系や、ファッション系などのいろいろなカタログギフトがありますから、
贈る相手の趣味に合わせてカタログギフトを選択してみるといいかもしれません。

また、どんなモノ贈ったら喜ばれるのか分からない場合にも、
このカタログギフトはおすすめだと思いますよ。