お見舞金の包み方やマナーについて

お見舞金とは

お見舞金は、知人や会社の取引先が入院された時などに持参する金品のことを言います。
入院もしくは在宅で長く治療をしなければいけないことになった場合、そこにかかる医療費はかなりのものになりますし、何よりも心理的なストレスは相当なものでしょう。

そこで、相手にとって少しでも快気に役立つように、という意味で渡すのがお見舞金です。

お見舞金は基本的には現金を包んで持って行くことが多いですが、間柄により品物として渡すこともできます。
ただ、病気の場合は何かと物入りになることが多いので、相手方から特に品物の指定がないという場合にはあまり気を回しすぎて品物を送るというのはよしておいた方がよいかもしれません。

その一方で現金として送ってしまうと相手に気を使わせてしまうということもありますので、そのあたりは相手との関係性から判断しておいてもらいたいです。

金銭の相場としては、相手が親や兄弟などの近い肉親の場合は5千円~1万円程度、知人や友人などの場合は3千円~5千円くらいが適当です。
他にも会社の関係者や近所付き合いのある人などに対して送ることがありますが、その場合は数千円程度にとどめておくようにしましょう。

正しい包み方、マナー、注意点

お見舞金のマナーとして、不吉な数字や言葉を使わないようにするということがあります。
具体的には「4」がつく数字するようなことです。

「4」は「死(し)」を連想させるため日本では嫌われがちな数字ですが、他にも「6(無:む)」「9(苦:く)」といったものもできれば避けておきたい数字とされています。
ですので金額を包む時には上記の数字を避けて、3千円、5千円、7千円、1万円といった中から渡す数字を選ぶようにしましょう。

もう一つ注意をしたいのが現金を包む時ののし袋です。
お見舞いや退院祝いでは、必ず赤白の結びきりの祝儀袋を用いるようにしましょう。

これは通常の御祝用の水引きに使用されている「蝶結び」は、「何度でも結べる」という意味があるからです。
病気の回復で蝶結びを使用するというのは、病気が何度も繰り返すかのような不吉なことになりますので、結びきりのタイプを選ぶようにしましょう。
まして葬儀の香典に使用されるような黒白のタイプの袋は絶対に用いないようにしてください。

入院中にお見舞いに行く場合には、まず先に連絡をして都合のよい時間帯を聞いておくようにします。
入院中は検査や診察など、面会ができないかもしくは肌を露出することになるタイミングがありますので、きちんと事前に確認をして時間厳守で訪れるようにします。

また病院内でのお見舞いで長居することは厳禁です。
先にお見舞いとして包みを渡し、挨拶が済んだら早めにおいとましましょう。

大切な人に送りたい快気祝いを選ぶには?

快気祝い

人に何かをプレゼントする時には、どんなモノを贈ったら喜ばれるだろうかといろいろ考えてしまいますよね。
「お誕生日のお祝い」や、「進学祝い」、「卒業祝い」、「結婚祝い」、「出産祝い」、「敬老のお祝い」、「快気祝い」など、贈り物をしたり、逆に贈り物いただいたりする機会はたくさんあります。

先日のことですが、長期の入院生活から無事に退院したわたしの友だちから、
「快気祝い」をいただきました。
その友だちからいただいたのは、「お菓子」でした。
そのいただいたお菓子というのは、わたしが大好きな人気のスイーツショップのお菓子だったのです。

友だちは病気という大変な経験をしたにもかかわらず、
わたしの好みを考えて贈り物を選んでくれたのでした。
その友だちの相手をこと思う気遣いがとてもうれしかったですね。
基本的にこの快気祝いというのは、お見舞いに来てくれた方や、
ご心配をかけた方に感謝の気持ちを表すために送るものです。
また、元気になりましたという報告もかねています。

快気祝いとして贈るモノとしてふさわしいのは、
使うとなくなるものや、後に残らないものがいいとされています。
それはなぜかというと、「病気が残らないように」という意味が込められているからなのだそうですよ。
ですから、わたしが友人からいただいたように快気祝いには、
「お菓子」や、「ジュース」などの食べ物系などがよいそうですね。

わたしの祖母の時代には、手作りの「紅白餅」や「お赤飯」などを快気祝いとして贈っていたのだそうですよ。
手作りの食べ物を贈るというのはすてきな風習だと思いますね。
現代では、このようなお赤飯を贈る風習はあまり見られませんね。
デパートなどのお店で購入したものを贈る方のほうが多いと思います。

相手が喜ぶものを

雑貨を贈るのでしたら、「タオル・ハンカチ」や、「石鹸」や、「洗剤」などの日用品がいいみたいですよ。
一般的には快気祝いにはこのようなものがふさわしいとはされていますが、
大切な人に送りたい快気祝いでしたら、
相手の喜ぶものを選択するのが一番いいのかもしれませんね。

相手が欲しかったものなどが分かっている場合には、それを贈るもアリだと思います。
喜んでくれるのであれば、「使うとなくなるもの」、「後に残らないもの」といったことに、
あまりとらわれないでもよいのではないかとわたしは思いますね。
大切なのは、自分のことを心配してくれた方たちへの感謝の気持ちが使わることなのですから。

ちなみに近年では、「カタログギフト」が人気が高くなっているようです。
カタログギフトでしたら、好きなモノを相手に選んでもらうことができますね。

食べ物系や、雑貨系や、ファッション系などのいろいろなカタログギフトがありますから、
贈る相手の趣味に合わせてカタログギフトを選択してみるといいかもしれません。

また、どんなモノ贈ったら喜ばれるのか分からない場合にも、
このカタログギフトはおすすめだと思いますよ。

何を送ろう?

お見舞いには時間の潰せるものを

ふと疑問に思ったんですが、皆さんは退院祝いどうしてますか?
入院中のお見舞いはともかく、退院祝いをするといったら
友人や家族のときぐらいなんでしょうか?何をあげたらようかとまよっています。
どうしてそんな疑問がでたのかなんですが、数ヶ月前に身内が入院をしました。
軽い骨折だったのですが足だったために数週間かかりました。
入院をしている間は、仕事はもちろん売店の移動すらほとんどできません。

そんな状態を見て、暇つぶしに何か本でも持っていこうと思い本屋さんで
数十冊の漫画本と文庫を購入し、大き目の紙袋に入れてもって行きました。
すごく喜んでくれたのですが、私の考えが甘かったことがすぐに判明・・・
いつもあっという間に過ぎていく一日ですが、それは何かしらやっているからなんですよね・・・
仕事であったり、趣味や家事であったり・・・
私が持っていった数十冊の本たちは、2日で消費されてしまいました。

ああ・・・そうだよなぁ。
と思ったものです。

ほかにも何人かの方からお見舞いをもらっていましたが、入院している本人の職場の方が
くれた数千円のテレビカードがお見舞いとしては一番暇つぶしになったようです。
でも、どんな形であれお見舞いに来てくれることが何よりの喜びであるようなきがしました。
たくさんの方にお見舞い品を頂き、怪我もようやく回復のめどが立ったので、

退院祝いは自分の気持ちを伝えられるものに

ついに退院となったのですが、ここで最初に書いた退院祝いについての疑問が浮かびました。
会社には自分の不注意で穴をあけることになってしまったわけですから、
こちらから手持ちを持っていくか、もしくは状況に応じて丁寧にお詫びをするべきなのかな?

と思ったので除外ですが、そうなるとやはり退院祝いをするとしたら家族・友人ですよね?
そこでやはり退院祝いというのは友人や家族がするものなんだなと思ったのですが、
ここでなにをすればよいかと考えてしまいます。
退院して祝って元気付けてあげたいと思うのですが、
身内だけに体の状況が手に取るようにわかるので、よけいに物を選ぶのにこまります。
ケーキが大好きな人だけど、今は甘いものを控えなさいって言われている・・・
などのときみたいに・・・

男性女性でも選ぶものはかわってきますが、友人・家族などでもまた違ってくるのです。
大切な人に送りたい退院祝い選びは難しいですが、
元気を出してもらうためにもぜひ祝ってあげたいなと思います。

いまはいろんなギフトがあるので選ぶ作業もじつは楽しかったり、
自分でほしくなって買っちゃったりしますが、一番はやっぱり気持ちですよね?(^^;)
もし自分が退院祝いをしてもらえたなら、
何をもらってもその気持ちが一番うれしいと感じると思います・・・
はずです・・・

でも、もしよければリクエストを取っていただいてもいいかな?
あ、でもでもサプライズって大好きなんだよなぁ・・
・・・なんて、入院するようなことにはならないように気おつけたいですが、
よく選んで大切な人に喜んでもらえればそれ以上のことは無いですね♪