カジュアルにプレゼントを贈れる giftee

カジュアルなギフトを手軽に贈れる「giftee(ギフティ)」

スマートフォンと連動して簡単にプレゼントを贈ることができる手軽なギフトサービスを展開しているのが「giftee」です。

「giftee」を運営しているのは東京に本社を置く株式会社ギフティで、2010年に設立した新しい企業でありつつ、既に多くの大手企業と取引を行う人気の会社となっています。

ネットを使ってのギフトサービスは他にも多くの企業から展開されていますが、「giftee」の最大の特徴はメッセージを使って簡単に身近なお店で受け取りをすることができるようにしているということです。

具体的な使い方の流れとしては、先に送りたい人が会員登録をするとともに送りたい人へのプレゼントを購入します。
ネットで決済が終了するとURLが発行されるので、それをプレゼントしたい人に送信することにより、受け取った人は最寄りの該当店舗でそのURLを提示することにより商品をもらえます。

受け取る側は会員登録をする必要はなく、また受け取りに個人情報の提示を求められるということがありません。
送信するときにはギフトカードをつけることもでき、おしゃれなカードに気持ちのこもったメッセージをつけてプレゼントを贈ることができるという大きなメリットがあります。

また、相手への送信方法はメール以外にもlineやTwitterのダイレクトメッセージで行うことができるので、相手の個人情報を詳しく知らなくてもクローズドなツールで連絡をとることができればそれだけでプレゼントが可能になります。

決済方法はクレジットカードやapplepay、auかんたん決済やドコモ払い、ソフトバンクまとめて支払いなどスマートフォンから簡単に利用できるものとなっているので、購入をする側もいちいち面倒な手間をかけて支払いをしていく必要がありません。

gifteeの特徴とおすすめの使い方

gifteeで取り扱われている品物は高価なものは少なく、安いものなら100円から購入が可能です。
主な製品としては、スターバックスのドリンクチケットやサーティーワンのシングルアイスクリーム、サンマルクカフェのチョコクロチケットといったように、身近にあるお店のちょっとした商品などです。

ほかにも提携店舗は続々増えてきているので、身近なコンビニなどから受けとりをすることもできます。

使いどころとしては、記念日や冠婚葬祭といった重たい贈答品ではなく、毎日の生活の中でちょっとした感謝やお祝いをしてあげたいというときに軽くおごってあげるという感覚でプレゼントをするということがあります。

相手に負担に感じさせない程度の軽めのプレゼントを、いちいちお店などに行って用意しなくてもよいというのが最大のメリットといえるでしょう。