LINEだから気軽に贈れる LINEギフト

LINEの相手に、簡単にプレゼントできるLINEギフト

日本ではSNSアプリとしてLINEが主流となっています。
お互いの連絡先を交換してメッセージを送るということになれば、ほとんどの人はLINEを選びます。

そのLINEで簡単にプレゼントを贈れるというサービスがあることをご存知でしたか?
LINEを使っている人であれば誰でも気軽に利用できるものですので、使わない手はないでしょう。
LINEのアドレスだけを知っていて、相手の住所などを知らないという人にプレゼントを贈る際にもとても便利です。

また、LINEPayから支払いを決済できますので、特に面倒な手続きもなく、普通にLINE上で操作をしていけばプレゼントができるという気軽さも特徴です。
ネットでいろいろとアイテムを選んで、相手の住所を入力して決済方法を選んで、という面倒な操作がいりませんので、より気軽にプレゼントができるのが人気の秘密となっています。

LINEギフトでプレゼントを贈る方法とは?

LINEギフトの使用方法はとても簡単ですので、LINEでメッセージを送れる人であれば誰でもできます。
まず、贈りたい相手とのトーク画面を開きます。
そのトーク画面に「+」マークがあるはずですので、そこをタップしてLINEギフトを選択します。

すると、そこにギフトアイテムの検索画面ができますので、すでに贈りたいものが決まっているのであればアイテム名を入力して選びます。
もし、具体的に何を贈るかを決めていないのであれば、LINEギフトの画面を下にスクロールしていくとたくさんの品物が出てきますので、そこで気になるものをチェックしていくことができます。

プレゼントが決まったら、その商品を選んで「友だちにギフト」をタップします。
すると、贈り先の確認画面が出てきますので、相手に間違いがなければ「OK」ボタンを押します。

これで商品を確定することができて、次に支払い方法を選べば終了です。
支払い方法としては、クレジットカード支払い、コンビニ支払い、LINEPay支払いが選べます。
ギフトを贈る際には、メッセージを同時に送信できますので、ギフトと一緒にコメントを送ってあげると喜ばれますね。

ちょっとしたギフトを贈るのに使う人が多い

LINEギフトはこのように、とても簡単に使えるのが特徴となっています。
そのため、ちょっとしたギフトを贈るのに使う人が多くなっています。

たとえば、スターバックスやハーゲンダッツなどのギフト券を贈ることができます。
金額も500円程度で手軽さがありますし、もらった方もうれしいギフトです。
友人や仕事場の仲間など、ちょっとしたサプライズでプレゼントをしたいという時にぴったりです。

不要になった品物を欲しいだれかに譲れる giftel

自宅に眠っているものを捨てずに誰かに譲れるアプリサービス

giftelは東京都港区の会社が運営しているアプリサービスで、自宅で眠っている不用品を捨てるのではなく、誰かに活用してもらえる機会を提供する場となっています。
新品を買ってみたものの、実際には使っていなくて持てあましている、家にあるものが多くなってきたので、整理したいと思っているという人にぴったりのサービスです。

不要になった品物を、他の必要とする誰かに無料でゆずることができるというのがアプリの趣旨で、捨てるのがもったいないと感じている人にとてもうれしい内容です。
もらう側も、無料で不用品を手に入れられることになりますので、処分する側、受け取る側どちらにもメリットがあると言えるでしょう。

抽選でもらえる仕組みになっていてちょっと楽しい

giftelの仕組みは、欲しいものがあったら応募して当たったらもらえるという形になっています。
まず、出品者は不要になったものを、説明と写真付きでアプリにアップします。
そのアップされたアイテムをチェックして、欲しいと思ったら「ほしい」ボタンを押します。

すると、応募した人の中から抽選で自動的にもらえる人が決まり、通知が来ます。
その後、譲り先の人と渡す人の間で連絡ができるようになって、受け渡し方法を当人同士で決めることになります。
受け渡し方法としては、双方の事情に合わせて元払いと着払い、そして手渡しの3つの中から選べるようになっています。

すべてのアイテムは無料で譲られるということもあって、オークションのように入札した金額で決まってしまうのではなく、抽選でランダムに決まるという仕組みになっているのがgiftelの特徴です。
欲しいものに応募して、抽選で当たるかどうかというのを待つ楽しみもあって、半分ワクワクしながらアプリサービスを使えるのが良いところです。

掘り出し物が出てくるものもあって病み付きになってしまう

このように、giftelはあくまでも不用品を無駄にしないために、譲り合うという精神で成っているアプリサービスです。
そのため、捨てるのはもったいないけど、売るほどの物ではないという、手軽なアイテムが出品されることが多い傾向にあります。

しかし、珍しいアイテムや高価なものなど、時には「おっ!」とびっくりしてしまうような掘り出し物が出品されることもあります。
こうした注目アイテムについては、giftelのFacebookでピックアップされることもあって、一気に応募者が殺到することもあります。
このような掘り出し物を目当てにアプリを定期的にチェックするのも楽しく、ついつい病み付きになってしまう人もいるほどです。

フォトギフトカレンダーが簡単に贈れる OKURU

大事な写真をカレンダーにしてプレゼント

たくさんの思い出は写真にして残っているものですが、それをさらにプレゼントという形にして大事な人に贈るのはいかがでしょうか。
そんなプレゼントの提案をしているのが、「OKURU」のフォトギフトサービスです。

スマホなどに入っている写真をフォトカレンダーにして贈れるというのが、このOKURUのサービスで、大事な思い出を形にして共有することができます。
富士フイルムの工場で写真印刷をしているため、非常に高品質の出来上がりとなって、まさにプロ仕様のカレンダーができますので、ちょっとしたスナップ写真から素晴らしいフォトカレンダーができあがります。

最近は自分でもプリンターとアプリを使ってフォトカレンダーを作れるようになっていますが、やはりプロに依頼するとでき上がりの質がかなり違います。

いろいろなデザインのカレンダーを作れる

OKURUでは、いろいろなデザインのカレンダーを作ることができて、好みに合わせた形を取ることができます。
たとえば、よくあるA3サイズの壁掛け式のカレンダーや、棚やテーブルの上に立てかけることができるスタンドタイプがあります。
他にも、手のひらにおさまるコンパクトなサイズのボックスタイプのカレンダー、クリアケースに入った自立タイプのもの、A4シートタイプなど、合計で5種類のデザインが用意されています。

こうした異なるタイプのカレンダーは、アプリで簡単に作れるのでとても楽です。
あらかじめ用意されているデザインテンプレートから選んで、スマホなどの中に入っている写真を選択して入れ込んでいけばできあがります。
プレゼントするタイミングに合わせて、カレンダーが始まる月を変えられるので、より長く使ってもらえるカレンダーにすることもできます。

通常のプレゼントと一緒にフォトギフトを贈ることもできる

OKURUでは、こうしたフォトカレンダーがメインのプレゼントとなっていますが、他にも通常のアイテムと一緒に写真を贈れるというサービスも行っています。
OKURUが用意しているたくさんの種類のギフトの中から好きなものを選んで、それと一緒にフォトギフトを贈れるのです。
ちょっと写真だけではさみしいと思うのであれば、他に一品アイテムを贈るのもいいでしょう。

たくさんの品物の選択肢がありますので、相手の好みに合わせやすいのがメリットです。
もし、写真にまつわるようなアイテムがあるようであれば、それを贈ればより気持ちが伝わりやすくなります。
OKURUでは、お花や雑貨、旅行、グルメなど異なるジャンルのアイテムを用意していて、予算も幅が広いのでぴったりのプレゼントを見つけられるでしょう。